HELIX/KNOCK OUT MONKEY

HELIX/KNOCK OUT MONKEY

2年半ぶりの3rdアルバム。一通り聴いて、抜群のタイトさに惚れ惚れした。昨今のラウド・ロック勢は上手いのがデフォだが、KNOCK OUT MONKEYはその中でも抜きん出ている。心・技・体が揃った気持ち良さとでも言うべきか。ただ激しいだけでなく、朗らかで大らかでポップであったり、レゲエやスカなど裏打ちを効果的に織り交ぜたり。特筆すべきはメンバーの体に染みついたかのような独特なシンコペーションと、歌謡曲にも通じる分かりやすいフック。w-shun(vo, g)の滑舌絶好調の日本語歌詞の置き方も、聴くたびにハマる。僅か108秒にバンドの魅力を凝縮した「1:48」は、ある意味本作の裏リード曲。
(小口正貴)