MONTAGE OF HECK : THE HOME RECORDINGS/KURT COBAIN

MONTAGE OF HECK : THE HOME RECORDINGS/KURT COBAIN

’15年に公開された故カート・コバーンのドキュメンタリー映画『COBAIN:MONTAGE OF HECK』。同作の制作にあたり、監督のブレット・モーゲンはカートの遺品を自ら精査しており、その際発見されたデモ・テープからの音源を計31曲収集したのが本作である。その内容はカートが1人で制作した数分程度の曲の断片や原型(中には「Been A Son」など後にニルヴァーナの作品に収録された楽曲の初期デモも含まれる)がほとんどで、非常にマニアック。そのため普通に音楽作品を楽しむ感覚で聴くには少々難ありだが、ファンにとっては彼のパーソナルな作曲工程に触れられるという点で貴重な1枚と言える。
(勝又龍介)