ONE SIDED WAR/MICHAEL SWEET

ONE SIDED WAR/MICHAEL SWEET

ギタリストに元ナイト・レンジャー〜現ホワイトスネイクのジョエル・ホークストラとエンジェルズ・オブ・バビロンのイーサン・ブロッシュを迎えて制作された、ストライパーのフロントマンによるソロ7作目。エヴァネッセンスのウィル・ハントが全編で豪快なドラミングを披露していることもあり、本家ストライパーより重心をぐっと下げたグルーヴでパワフルに聴かせる楽曲が多く、マイケルのソロ作としてはこれまでで最もヘヴィな内容に仕上がっている。とはいえ、衰え知らずの伸びやかなハイ・トーンも分厚いコーラス・ハーモニーも健在だ。水を得た魚のように弾きまくるイーサンのギター・ソロも聴きどころ。
(Masa Eto)