DELIVERING THE BLACK/PRIMAL FEAR

DELIVERING THE BLACK/PRIMAL FEAR

ドイツの強靭パワー・メタル軍団の通算10作目。ラルフ・シーパースの怒髪天を突く剛力歌唱を中心としたストロングなスタイルは近作で急速にメロディアスな度合いを高め、その傾向は本作でも顕著だ。が、その流れにあって同じく中心人物であるマット・シナー(b)を始め各メンバーに本来備わったメロディー派としての高い素養が、楽曲のヴァリエーションを実に良質なバランスに保っているのがこのバンドの強み。前作からのギター・チーム:アレックス・バイロット&マグナス・カールソン両名による超強力なギター・パートもさらに魅力を増している。リーヴズ・アイズの歌姫:リヴ・クリスティンがゲスト参加。
(羽田幸一)