RULEBREAKER/PRIMAL FEAR

RULEBREAKER/PRIMAL FEAR

ドイツの重鎮パワー・メタラーによる11枚目となるスタジオ・アルバムで、今作からオリジナル・メンバーでもあるトム・ナウマン(g)が復帰、トリプル・ギター編成となっている。新加入を果たした元U.D.O.のフランチェスコ・ジョヴィーノによる手数足数を抑えた質実剛健なドラミングがバンドの音楽性に見事フィットしたのか、彼らの重厚なリフ・ワークとキャッチーな歌メロが耳に残る内容で、とにかく楽曲の良さが際立っている。まるで装甲車の如く迫りくるグルーヴが心地よい。3人のギタリストによるソロの振り分けは不明だが、メロディアスにハモりまくるツイン・リードも大きな聴きどころ。
(Masa Eto)