TOKIWA NO SAI/RACHEL MOTHER GOOSE

TOKIWA NO SAI/RACHEL MOTHER GOOSE

ハイテク・シュレッダー:植木英史(g)が率いる正統派メタル・バンドの新作(5作目のフル)。以前はお約束的な国産ネオ・クラシカルのイメージが強かったのだが、アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ謹製の上質なミックスでまとめ上げたプログレ・メタル色強めな本作を聴き、文字通りの進化ぶりに腰が抜けた。終盤にウリ・ジョン・ロートなインストや往年のライジング・フォース風もありと、植木の趣味志向は初期から不変のようだが、フックの多さとアレンジの巧さは過去音源と比べても段違い。MVPは今回から参加した韓国人シンガーで、朗々とした歌声が北欧メタル的透明感もある音像に激ハマりだ。
(斎藤新吉)