THE LAST STAND/SABATON

THE LAST STAND/SABATON

スウェーデン産メロディック・メタラーの第8作。今回も古今東西の戦史を題材としており、そこに西郷隆盛が討死した西南戦争:城山の戦いが含まれているのも既報通り。興味深いのは、勇壮なミッド・チューンや疾走ナンバー以上にシンセ・リフを使ったポップな曲調が目立っている点で、実のところ、上記「Shiroyama」もかなりキャッチーな仕上がりだったりする。ただ、1曲を除きすべて3分台以下で、トゥッベ(先日脱退…!)とクリスのツイン・リードも基本コンパクトなのに、壮大な曲想や民族風味が絶妙に組み込まれているのも見逃せない。S・リッジウェイとJ・プリーストのカヴァーなどをボーナス収録!
(奥村裕司)