RIDE WITH DEATH/SPEEDWOLF

RIDE WITH DEATH/SPEEDWOLF

アメリカ中西部コロラド州デンヴァーで’08年に結成された4人組スラッシュ/スピード・メタル・バンドが’11年作の1stフルで本邦デビュー。ヘヴィ・メタル、ハードコア、パンク、ロックンロールを溶解させた高濃度ガソリンを燃料にして突っ走る激烈ドライヴィング・マシーンの熱さはハンパなく、イントロダクション的な序章を含んだ1曲目を除いて全曲2〜3分台で爆走する潔さに無条件で頭と身体は揺れまくり。上記の全ジャンルのファンから壁を越えて支持され、ライヴ会場ではそれぞれが入り乱れて熱狂するというのも納得の強烈なサウンドだ。日本盤には激熱ライヴ・トラック2曲をボーナスとして収録。
(羽田幸一)