LOWER THE BAR/STEEL PANTHER

LOWER THE BAR/STEEL PANTHER

L.A.発の通称“ステパン”によるフル4作目。’80sヘア・メタルのパロディから脱却し、独自のスタイルを確立してしばらく経つが、前作まではまだ強く感じられた自由奔放なギラギラ感がやや薄らいできた印象で、どこか角の取れた“真剣な”楽曲が増えたようだ。とはいえ、歌詞の内容は相変わらずお下品極まりない。サッチェル(g)は曲の流れに合ったメロディアスなソロを堅実なプレイで聴かせており、リズム隊の演奏もスパンデックス並にタイトだ。マイケル・スターのデイヴ・リー・ロスばりのヴォーカルには終始ニヤニヤさせられっ放し! チープ・トリックのカヴァー「She’s Tight」を収録。
(Masa Eto)