THE ASHTRAY/Suchmos

THE ASHTRAY/Suchmos

結成からわずか5年で、既に風格すら漂い始めた人気6人組バンドの最新ミニ・アルバム。キーボードやターン・テーブル等、様々な楽器の音が入り混じっているのだが、美しく洗練されておりムーディでキャッチーな音楽が展開されている。ギターのTAIKINGは、カッティングやスローなアルペジオ等でバンド・サウンドを支えているが、時折感情を剥き出しにするかのようにアグレッシヴなプレイを見せ付けており、彼のエモーショナルな一面も楽しめる。ロックやジャズ、はたまたヒップホップの影響も滲み出ており、固定のジャンルに囚われない彼らの音楽性には限界がないと確信させる1枚だ。
(浅見大秀)