DIVISION OF BLOOD/SUICIDAL ANGELS

DIVISION OF BLOOD/SUICIDAL ANGELS

ギリシャ出身のスラッシュ・メタル・バンドによる6作目フル。オールドスクールにこだわりを見せる一方で、古臭さを感じさせない現代の耳でも十二分にエキサイトできる音楽性は健在で、サウンドはとてもフレッシュだ。加えて’15年の初来日でその腕前を見せつけたガス・ドラックス(g)のメロディアスにしてテクニカルなリード・プレイが大いに光っている。近作でもメロディックなアプローチを見せた彼ら、この人選は大当たりと言えるだろう。適度に磨かれ適度にラフなリフ、安定したリズムには貫録すら窺えるが、挑戦的な姿勢は崩れていない。シュレッド・ギタリストはぜひ一聴してみて。
(小澤明久)