毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

C'MON TAKE ON ME/HARDCORE SUPERSTAR

前々作『BEG FOR IT』('09年)から参加のヴィック・ジーノ(g)のプレイは、8作目となる本作では更に板につき、サウンド/リフ/リードのセンスはもはやサウンドの核を担っていると言っていいだろう。前作『SPLIT ...

REACH BEYOND THE SUN/SHAI HULUD

米フロリダが生んだ奇跡の'90s叙情派、約5年ぶりとなるフル・アルバム。何と1stアルバム以前にヴォーカル(2代目)を務めていたチャド(ニュー・ファウンド・グローリー)が復帰。持ち前のプログレッシヴな展開、泣きまくるメロ...

NIGHTLIFE/SKIP THE FOREPLAY

3月の“激ロックTOUR Vol.6”での来日が決定している、カナダ出身の6人組によるデビュー作。パンク・ロックの名門レーベル“エピタフ”からのリリースだ。極悪リフとブレイクダウン満載のメタルコアに、シンセによるエレクト...

12.12.12 THE CONCERT FOR SANDY RELIEF/V.A.

ブルース・スプリングスティーンですら大関クラスという、特大の大物がズラリと揃ったチャリティ・コンサートの実演盤。ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニーの東西横綱を筆頭に、ボン・ジョヴィ、エリック・クラプトン、ザ・...

TOO MANY REASONS/PLAYER

'70年代に盛り上がりを見せた米AORシーンを代表するバンド。本作はオリジナル作品としては18年ぶりのリリースとなるアルバム。それゆえに往年のファンからは注目が集まるだろうが、近年も結成時のラインナップだったピーター・ベ...

DARK SKIES OVER BABYLON/CODE OF SILENCE

エデンズ・カースのポール・ローグ(b)がプロデュースするスコットランド産メロディック・メタラーの1st。フロントには、アダージョやレヴォリューション・ルネッサンスなどでの活動で知られるブラジル人シンガー:ガス・モンサント...

APOCRYPHON/THE SWORD

全米チャート17位を記録した最新4作目。いくらメタリカの寵愛を受けているとはいえ、公式サイトを[swordofdoom.com]とする筋金入りのサバス風リフ・バンドがトップ10に迫ろうとは…。C.O.C.、クラッチ、ダウ...

SYMPHONIC/JORN

シーン屈指の実力派シンガー:ヨルン・ランデのこのベスト・アルバムは、ただの既発曲集ではなくそのアルバム・タイトル通りに全曲にシンフォニック・アレンジを実施したもの。収録曲の約半分は現時点での最新作『BRING HEAVY...

LIVE AT LEGENDS/BUDDY GUY

今年で77歳になるブルース・レジェンド:バディ・ガイが、'10年に自身が経営するクラブ“レジェンズ”で行なったライヴ音源とスタジオ録音の3曲をボーナス・トラックとして収録した新作。バディ・ガイの魅力は、大ベテランながら“...

FIELD OF DREAMS/SEDUCE THE HEAVEN

ギリシャ出身、女性ソプラノ・シンガーと男性グロウル・シンガーを擁する6人組のデビュー作。ジャンル的にはメロディック・デス・メタルではあるものの、男女ツインの獣と美スタイルの対比に導かれながら、メタルコアやゴシック風味にも...

THE SAVAGE PLAYGROUND/CRASHDIET

初代シンガーの死を乗り越えて活動を続ける北欧スリージー・ロックの代表格による4作目。新ヴォーカルにサイモン・クルーズを迎えた前作が好評だった彼らだが、作り込み過ぎないギター・アレンジや適度にラフさを残しつつも明確なメロデ...

V/NoGoD

独特なルックスと世界観、そして何よりその高い演奏力と幅広い音楽性で人気を集めるNoGoDの3rdメジャー・アルバム(オリジナル・フルとしては通算5作目)。Kyrie&Shinnoのギター・コンビが放つパンチの効いたフレー...

2 / 4 ページ1234