毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

HAIL TO THE KING/AVENGED SEVENFOLD

’10年『NIGHTMARE』に続く6thとなるスタジオ作品。3年ぶりだ。マイク・ポートノイ(サポート)に替わるドラマーは’11年始めから参加しているエレン・イラハイだが、正式なメンバーということ…

CLASSICAL ELEMENT/Jupiter

ヴェルサイユの活動休止を経て、その楽器隊が新たに結成したバンドのデビュー・アルバム。ヴェルサイユとの差異はシンガーのみということで、世界観をそのまま引き継いだような、美旋律で塗り固められたドラマティック&メロディックなメ…

THE DEVILS CUT/WHITE WIZZARD

L.A.出身のニュー・ウェイヴ・オブ・トゥルー・メタル・バンドによる3rd。シンガーが交替、前作『FLYING TIGERS』(’11年)にはいなかったツイン・ギター・チームが加入し、5人編成となっている。ギ…

QUEENSRYCHE/QUEENSRYCHE

ジェフ・テイト(vo)を解雇したメンバー達が元クリムゾン・グローリーのトッド・ラ・トゥーレを後任に迎えて制作した“新生クイーンズライク”による初作品。いまいちパッとしないグランジ/オルタナ路線が長く続いたバンドだが、本作…

IMPERMANENT RESONANCE/JAMES LABRIE

ドリーム・シアターのシンガー:ジェイムズ・ラブリエのソロ名義としては3作目、実質的に彼のソロ・プロジェクトだったマルマズラーを含めると通算5作目となる約3年ぶりの新作。前作ではピーター・ウィルドアー(dr)のデス・ヴォイ…

VIDUNDER/VIDUNDER

スウェーデン産トリオのデビュー作。スパイダーズのジョン・ホイルス(g)がゲスト参加…ということで、サウンドはヴィンテージ・ハード・ロック——いや、ハード・ロックと呼ぶには余りにもバッキング・ギターが歪んでいなさ過ぎるか。…

NEVERSTORE/NEVERSTORE

スウェディッシュ・パンクのネヴァーストアが3年ぶりの新作をリリース。長期間の休息を挟んだのが功を奏したか、バンド自身も史上最高傑作と認める快作に仕上がった。SUM 41やグッド・シャーロットに可愛がられてきた経緯からも分…

THE IVORY TOWER/ILLUSORY

’92年結成のギリシャのメロディック・メタル・バンドによる20年越しのデビュー作。ツイン・ギター+キーボードを擁する6人編成でヨーロピアンな劇的メタルをプレイしているが、この界隈では珍しいシンガーの直線的な声…

TURISAS2013/TURISAS

3度の来日を経て多くの熱狂的ファンを獲得したフィンランドが誇るバトル・メタラーの4th。これまでとは少々趣を変え、明確なコンセプトはなく、現在のバンドから自然と産み落とされたナチュラルな楽曲が並んでいる。音作りもストレー…

LEAVING ALL BEHIND/NAUTILUZ

南米ペルーから登場したヘヴィ・メタル・バンドの1stフル。2本のギターに鍵盤も加えた6人組が奏でるのは、北欧的ともいえるメロディアスなメロディック・スピード・メタル。しなやかな憂いと溢れるガッツを絶妙にミックスした音像は…

KINGDOM OF CONSPIRACY/IMMOLATION

はっきり言って、イモレイションの作品を聴いて「今回はちょっと…」と感じたことって1度もないんですよ。まず基本として圧倒的にデス・メタル。テクニカルなのも当たり前。そこをベーシックに、王道ロック然とした佇まいを確立してしま…

HATE/THY ART IS MURDER

オーストラリアはシドニー産デスコア・アクトが、名門“ニュークリア・ブラスト”とのディールを獲得して放つ2nd。正直、またこういうのかあ…と思ってしまう類のサウンドではあるが、センスで相当の差を付けている印象。アケイシア・…

1 / 4 ページ1234