毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

Yukihide YT Takiyama 氷室京介“LAST GIGS”使用機材

yt-01

去る4月〜5月に行なわれた氷室京介“LAST GIGS”にて、DAITAと共にサポート・ギタリストとして活躍していたのが、L.A.を拠点に活動するYukihide YT Takiyama。

彼は氷室の2010年作品『”B”ORDERLESS』で編曲に全面的に携わったことで一躍有名になった、近年最もスター性を感じさせる注目株の1人だ。

ここでは開演前のサウンド・チェック時、彼自身にわざわざ時間を割いて撮影してもらった機材写真を特別に公開させていただこう。

YTの本誌初インタビューは2016年7月号に掲載されているので、そちらもぜひチェックされたし!

ギター

ESP : YT Custom V “B-lu”


YTのシグネチュア・モデルとして発表される予定のニュー・ギター。

見ての通り伝統的なVシェイプがモチーフになっているが、厚めのボディーを採用していたり、1弦側のボディーの削り方が独特だったり…と、随所に細かなこだわりが反映されている。

YTいわく「ボディーが厚いおかげで低音が太くなり過ぎる傾向があったものの、チューン・O・マティック・タイプのブリッジを採用することでタイトになった」とのこと。

材はネックとボディーがホンジュラス・マホガニー、フィンガーボードがローズウッド。

コントロールは2ヴォリューム&トーン。

ピックアップは2つともセイモア・ダンカン製で、フロントにSH-1n ’59 model、リアにSH-16 The 59/Custom Hybridを搭載している。

ESP : MA-CTM


ESPからエンドースの1本目として提供されたギター。

基本となっているのはMA-CTMだが、ピックアップは市販モデルのEMGではなく、セイモア・ダンカン製を搭載。
(フロントがSH-1n ’59 model、リアがSH-4 JB model)

またコントロール・ノブの位置もYTの好みに合わせて変更されている。

ESP : Stream-GT Classic


曲線を組み合わせた不思議なボディー&ヘッド形状を持ち、ヴィンテージ風の雰囲気を備えたESPオリジナル・シェイプ。

市販品はヴォリュームとセレクターとトーンが1直線に並んでいるが、YTの使用モデルは3つが三角形に並ぶよう配置し直されている。

材はネック&ボディーがホンジュラス・マホガニー、フィンガーボードがホンジュラス・ローズウッド。

ピックアップはセイモア・ダンカンSH-18 Whole Lotta Humbuckerを2基搭載。

ちなみにYTがこのギターを弾いている動画を、こちらで観ることが可能だ。

ESP : Throbber-STD


全弦半音下げチューニングで用いられたモデルで、無改造のまま使用している。

最大の特徴は、アルダー・ボディーの中央部分にSound Reserverと名付けられた特殊なホロウ構造を採用していること。

穴はフロント・ピックアップからブリッジの下部にまで及んでおり、弦の生鳴りを稼ぐために計算された形状になっている。

(詳しくはESPのページを参照)

NAVIGATOR : N-TE-ASM


選りすぐりのスワンプ・アッシュをボディーに、1ピースのハード・メイプルをネックに用いるなど、木材にこだわり抜いたモデル。

基本的には無改造のまま使用しているが、弦高を高めに設定し、.011-.049というかなり太めのゲージ(D’ADARRIOEXP115)を用いるなど、調整の面ではこちらも細かいこだわりが反映されている。

MARTIN : OMC41


リッチー・サンボラ(元ボン・ジョヴィ)のシグネチュア・モデルで、OMシェイプを採用。

赤みを帯びたシェイド・トップのボディーとヘキサゴン・インレイの組み合わせが非常に派手で、自己主張の激しいルックスに仕上がっている。

ちなみにYTがこのギターを弾いている動画を、こちらこちらで観ることが可能だ。

アンプ


アンプ類はBOGNER製で統一している。

メインのヘッドは右上のEcstasy Customで、通常よりもハイ・ゲインなサウンドが出るようカスタマイズされた日本限定ヴァージョン。

エフェクト・ループには別写真のラック内に組み込まれている、EMPRESS EFFECTSのPara EQを接続しており、主にリード時のブースト&補正のために用いられている。

また力強いサウンドを得るためか、ヴォリュームのツマミがかなり大きめに設定されており、適切な音量まで下げるためスピーカー・アウトの後ろにアッテネーター(FAUSTINE Phantom Dx2)を接続。

その下にはもう1つのヘッド、20th Anniversary Ecstasyをセット。

あくまでもバックアップとして用意されていたが、実際LAST GIGSのツアー中にメインのヘッドのフューズが飛んだおかげで、こちらが活躍したこともあったらしい。

3台用意されたスピーカー・キャビネット412STは、中央がドライ信号用、左右がウェット信号用(信号の流れについては別項を参照)。ドライ用はノーマルなもので、ウェット用の2台はフロント・ローデッド・ヴァージョン(スピーカーをバッフル板の前面から取り付けることで、通常よりも厚みのある中低域を生み出すよう改変したもの)だ。

ペダルボード


YTの足下には2枚に分けられた大きめのペダルボードが設置されており、こちらの写真はその右半分だ。

信号の流れの順に、FOXROX ELECTRONICS Octron 2(オクターヴァー)、MORLEY Bad Horsie 2(ワウ)、BOSS FV-500H(ヴォリューム・ペダル)、RJM Tone Saver(バッファー・アンプ)…と並んでおり、ここから信号はラックの方へ行く。

VOODOO LAB Ground Control Pro(MIDIフット・コントローラー)は全体のサウンドを切り替えるために使用。

2つ用意されているチューナーのうち、PETERSON Strobo Stomp 2はBOSS FV-500Hのチューナー・アウトに、KORG DT-10はPETERSONのアウトプットに接続されている。

曲間が短い時は反応の速いKORGを、時間をかけてシビアに調整したい時はPETERSONを…という具合に使い分けしていたとのことだ。


ラックの方に行った信号はステージ足下へ折り返し、こちらのペダルボードの左半分へ。

ペダル類は主にRJM Mini Effect Gizmo(MIDIオーディオ・コントローラー)に接続されており、
DIGITECH Whammy 5MXR Smart Gate(ノイズゲート)、STRYMON Mobius(モジュレーション)、DIAMOND PEDALS Memory Lane 2(ディレイ)、STRYMON Timeline(ディレイ)の順に信号が流れた後、アンプのインプットへ接続される。

右端にある2つのヴォリューム・ペダル(ERNIE BALL 250k Mono Volume PedalBOSS FV-500L)は、いずれもVOODOO LAB Ground Control Proに接続されており、エクスプレッション・ペダルとして使用。

曲によって、STRYMON Mobius、STRYMON Timeline、DIGITECH Whammy 5、TC ELECTRONIC G-Major 2(ラック内の写真参照)をコントロールするために用いられていた。

ラック


ステージ・サイドに置かれたラック内には、上から順にSHURE UR4D(ワイヤレス・レシーヴァー)、LINE 6 Relay G90(ワイヤレス・レシーヴァー)、FURMAN PL PLUS(パワー・コンディショナー)、MATRIX GT1000FX(パワーアンプ)、TC ELECTRONIC G-Major 2(マルチ・エフェクター)、ペダル類の入った引き出し×2、VOODOO LAB GCX(オーディオ・スイッチャー)×2…がセットされている。


引き出しの上段。

前列左からMXR EVH phase 90(フェイザー)、FULLTONE OCD(オーヴァードライヴ)、T-REX Luxury Drive(ブースター)、BOGNER Harlow(コンプレッサー&ブースター)。

後列左からXOTIC RC Booster(ブースター)、320design Landmighty(オーヴァードライヴ)、BYOCのファズ

BYOC(http://buildyourownclone.com)は自作エフェクター・キットを販売している会社で、YTが使用しているのはいわゆるラムズ・ヘッド期の“Big Muffπ”をモチーフにしたものだ。

YTいわく「より中低域が強く出るようにしてあり、かなり太い音がする」とのこと。


引き出しの下段。

前列左からFULLTONE Mini DejaVibe 2(ペダル型コーラス/ヴィブラート)、ELECTRO-HARMONIX micro POG(ポリフォニック・オクターヴ・ジェネレーター)。

後列左からEMPRESS EFFECTS ParaEQ(パラメトリック・イコライザー&ブースター)、VOODOO LAB Pedal Power 2(パワー・サプライ)。

その他


スライドバーはROCKY MOUNTAIN SLIDE COMPANY製を使用。陶器で出来ており、太く温かい音質が特徴だが、ブライトなサウンドも充分に出せるので気に入っているとのことだ。

その右側に置かれているE Bowは、磁力で弦を振動させるディヴァイスで、ヴァイオリンや管楽器のような独特の表現を行なうことができる。

信号の流れ

各写真の解説にも部分的に書いたが、ここで信号の流れをまとめて記しておこう。

ギターからワイヤレス・レシーヴァーへ飛んだ信号は、まず右側のペダルボードへ。

ボード内でFOXROX ELECTRONICS Octron 2MORLEY Bad Horsie 2BOSS FV-500HRJM Tone Saverと流れた後、ステージ袖のラック内にあるVOODOO LAB GCXへ。

VOODOO LAB GCXには引き出し内のペダル類(EMPRESS EFFECTS ParaEQを除く)が接続されており、曲に応じて適切なものが組み合わされる。

信号はそこからステージ足下へ折り返し、左側のペダルボードへ。

主なペダル類はRJM Mini Effect Gizmoに接続されており、DIGITECH Whammy 5MXR Smart GateSTRYMON MobiusDIAMOND PEDALS Memory Lane 2STRYMON Timelineが曲に応じて適切に組み合わされる。

その後、信号はBOGNERアンプのインプットへ。
アンプのエフェクト・ループには先述のEMPRESS EFFECTS ParaEQが接続されており、リード・プレイ時に用いられる。

アンプの出力はFAUSTINE Phantom Dx2へ流れ、そのスピーカー・アウトからドライ用のキャビネットへ。

またFAUSTINE Phantom Dx2からは同時にライン信号も出力されており、ラックの裏側に配置されているRJM Mini Line Mixerへ。

そこでラック内のTC ELECTRIC G-Major 2がミックスされ、MATRIX GT1000FXで増幅されてから、2台のウェット用キャビネットで鳴らされる。

ちなみにマイクは、ドライ用キャビネットに立てられている2本がAUDIO-TECHNICA AT4050SHURE Beta 181で、2台のウェット用キャビネットにはSHURE Beta 181が各1本ずつ立てられている。

Yukihide YT Takiyama インフォメーション

公式サイト:http://www.whyteamusic.com/
Facebookページ:https://www.facebook.com/Yukihide.YT.Takiyama

Yukihide YT Takiyama リリース情報

ソロ作品(iTunesストア):https://itunes.apple.com/jp/artist/yukihide-yt-takiyama/id555231962

氷室京介作品:

brand-new-maid-a
『L’EPILOGUE』(初回限定盤)

CD+DVD | ワーナーミュージック・ジャパン | WPCL-12339〜41 | 2016年4月13日発売

購入/詳細

brand-new-maid-a
『L’EPILOGUE』(通常盤)

CD+DVD | ワーナーミュージック・ジャパン| WPCL-12342〜3 | 2016年4月13日発売

購入/詳細