毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

NAMM2016レポート

NAMM2016 1日目:アンプ

掲載ブランド:フェンダー、ピーヴィー、メサブギー

(写真はクリック or タップで拡大)

フェンダー Fender

オール・チューブ仕様の真空管アンプ“Bassbreaker”! 7W、15W、18/30W、45Wなど、様々な出力のコンボ及びヘッド・アンプやキャビネットをラインナップ。


公式ウェブ:Fender

ピーヴィー Peavey

人目を引いていたのは何といっても、“6505”がさらに小型化された“6505 Piranha™ Micro Head”! 出力20Wでハイ・ゲイン・サウンドを創出。


公式ウェブ:Peavey

メサブギー Mesa/Boogie

メサブギーから、ジョン・ペトルーシのシグネチュア・アンプ“JP-2C”が発表された。ジョンが長年愛用して来た“Mark IIC+”を元に開発が進められたという。NAMMでは、アーニーボール・ミュージックマンにて行なわれた彼のシグネチュア・ギターのデモンストレーションの中で本機が紹介されていた。


公式ウェブ:Mesa/Boogie