毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

セイモア・ダンカン・マニアック

セイモア・ダンカン社のスタッフの証言を素に、個性豊かなラインナップの数々を分析するコラム『セイモア・ダンカン・マニアック』をヤング・ギター本誌にて連載中。毎月紹介したピックアップのサウンド・サンプルがここで聴けます!

第6回:AHB-3 Mick Thomson EMTY Blackouts

AHB-3 Mick Thomson EMTY Blackouts

セイモア・ダンカンは2007年、“LiveWire”に続く新たなアクティヴ・ピックアップとして、“AHB-1 Blackouts”を発表。差動増幅器にバランス信号を入力する構造を採用したことで、一般的なアクティヴ・モデルと比較した時、最大で14dBものノイズを削減することに成功している。“AHB-3”はそれを元に開発された、ミック・トムソンのシグネチュア・モデル。スリップノットが用いる極端なロー・チューニングに合わせ、低音域をタイトに絞り、アタックをより鋭くするといった修正が施されている。

サウンド・サンプル 試聴

サンプル音源 1:リフ

バッキング(ブリッジ・ポジションに搭載)

アンプのセッティング

サンプル音源 2:ソロ

ソロ(0:00〜0:09=ブリッジ・ポジション
、0:10〜0:28=ネック・ポジション)

アンプのセッティング

AHB-3 Mick Thomson EMTY Blackouts 仕様


●ポジション:ネック(AHB-3n)、ブリッジ(AHB-3b)●マグネット:アルニコV・バー ●直流抵抗:—— ●レゾナント・ピーク:530Hz(AHB-3n)、750Hz(AHB-3b)●ベース:6、ミドル:5、トレブル:8 ●ケーブル:3コンダクター・シールド ●出力:高い ●価格:¥27,300

セイモア・ダンカン公式サイト

日本語:ESP | Seymour Duncan
英語:Seymour Duncan

試奏者及びレコーディング環境について

藤岡幹大

幅広いプレイ・スタイルを持つ実力派天然系ギタリスト。音楽学校MI JAPANにて教鞭を振るう他、BABYMETALなどのサポートでも活躍中。著書『アドリブ・ギター虎の巻』シリーズは累計10万部超!

ギターはナビゲーターの“LP”シェイプおよび“ST”シェイプを使用。
ピックアップの交換作業は、ESPの資材・商品管理部主任を務める松田貴広氏が担当。ギターの調整は各ピックアップのキャラクターに合わせて、臨機応変に変えてもらった。

アンプはマーシャルJVM410H を使用。レコーディング時はスピーカー・キャビネットを使用せず、リア・パネルに搭載されているEMULATED LINE OUTの信号から、直接レコーダーに接続した。