毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

スコット・ヘンダーソン奏法コラム 4リック+モチーフの展開方法(誌面未掲載譜面あり)

第1回◆スコット・ヘンダーソン奏法コラム 4リック+モチーフの展開方法(誌面未掲載譜面あり)

2019年10月号からヤング・ギター本誌でスタートした、スコット・ヘンダーソンの奏法コラム『MOVING GUITAR LICKS』。今夏発表されたソロ・アルバム『PEOPLE MOVER』の収録曲を題材に、スコットの発想豊かなフレーズの秘密を分析していく連載記事だ。難易度の高いものも多いが、誌面に掲載されたタブ譜とYouTube映像を照らし合わせながら、じっくりと理解を深めていこう。

また、第1回となる今回は、誌面では紹介しきれなかった譜例(Ex-A)を以下に特別解説しているので、こちらも参考にしていただきたい。

※当ページで動画が再生できない場合は、YouTubeにて直接閲覧いただけます。
YouTubeで映像を観る

Play Allすべて観る

すべて観る

Ex-1「Primary Location」開放弦を交えてテンション感を出すファンキー・リック

CD Time : 0’09”〜0’28”

Ex-1

Ex-A ■スモール・コード&モチーフ6種類

Ex-Aは「Transatlantic」から抜き出した6つの譜例。これらは同曲におけるモチーフ(motif)と、それを活用・発展・展開させたものであり、映像ではスコットがその方法について説明している。モチーフとは、音楽形式を作るための最小単位となる複数の音符・休符のまとまり…ひとことで言えばシンプルな短いフレーズのことだ。しかし、モチーフは何度も展開することで初めてモチーフとなり、どんなにキャッチーでも短いフレーズを1・2回プレイするだけではモチーフとは呼べない。実際この曲でも、6〜7回繰り返されている。

実演に入る前にスコットは、まずモチーフを作るためにスモール・コード…3つの音による最低限のコードを活用していることに触れている。単音フレーズやメロディーだけで考えるのではなく、スモール・コードも含めてモチーフの素を作っているのだ。また、スモール・コードは様々なベース音=ルートを加えることで異なるコードに発展し、多彩なハーモニーを生み出すとも解説している。

Ex-A-1はモチーフの原形で、イントロの後に出て来る第1回目。コード進行に従って演奏される。続いて2回目のEx-A-2では、Ex-A-1を素に、まず少し変化させている。3回目(Ex-A-3)は形を大きく変えながら、なおかつ異なるコード進行上での演奏。4回目(Ex-A-4)、5回目(Ex-A-5)…と進むに連れてモチーフはさらに発展・展開され、6回目(Ex-A-6)ともなると原形とは全く異なる形に変貌している。こうしてモチーフを曲の主題として繰り返し扱うことで、例えば長いジャズ的な曲であっても、リスナーが入り込みやすく、しっかり印象に残る楽曲となるわけだ。

ちなみに、映像でのスコットの解説とプレイはCD音源と細部が異なっている部分が数カ所ある。顕著なところでいえば、Ex-A-6冒頭はCDでは3弦7fD音を弾いているが、映像では4弦7fA音をプレイ。そういった場合、ここでは譜例を映像での弾き方に合わせている(どちらにしてもDm7コードには変わりない)。また映像の説明ではギターが鳴らしているスモール・コードによるコード名を口にしている場面があるが、譜例のコード・ネームはベース音を含めた和音全体で表記しているので、ご了承いただきたい。

Ex-Aすべて観る(スモール・コード解説、モチーフ6種類)

Ex-A スモール・コード

Ex-A-1Ex-A-1 モチーフその1:原形

CD Time : 0’25”〜0’30”

Ex-A-1
Ex-A-1

Ex-A-2モチーフその2:弾き終わりに変化をつける

CD Time : 0’45”〜0’50”

Ex-A-2
Ex-A-2

Ex-A-3モチーフその3:アーミングも加えてブルージーに

CD Time : 1’06”〜1’12”

Ex-A-3
Ex-A-3

Ex-A-4モチーフその4:より複雑に発展させる

CD Time : 1’38”〜1’42”

Ex-A-4
Ex-A-4

Ex-A-5モチーフその5:ソロの弾き始めに利用

CD Time : 3’21”〜3’27”

Ex-A-5
Ex-A-5

Ex-A-6モチーフその6:全く異なるコード進行上で弾く

CD Time : 7’12”〜7’17”

Ex-A-6
Ex-A-6

Ex-2「Transatlantic」 ハイブリッド・ピッキングを交えた超難解フレーズ

CD Time : 2’08”〜2’43”

Ex-2

Ex-3「Syringe」アーミングも効かせるミクソリディアン・モチーフ

CD Time : 0’57”〜1’31”

Ex-3

Ex-4「Happy Fun-Sing」不協和音を楽しくぶつけて作るコード・フレーズ

CD Time : 0’03”〜0’45”

Ex-4