PEDAL TO THE METAL/DRIVE, SHE SAID

PEDAL TO THE METAL/DRIVE, SHE SAID

マーク・マンゴールド&アル・フリッチによるメロハー・デュオがまさかの復活を果たし、’03年作『REAL LIFE』以来となる第5作を完成させた。冒頭曲のイントロがタッチ風(歌はボン・ジョヴィ風?)…と思ったら、曲名が「Touch」でビックリ。様式美ハード寄りの楽曲が目立つのは、表題に“メタル”と入っているから? マークのブルース趣味は完全に封印され、トミー・デナンダーらゲスト・ギタリスト達もメロディアスなソロを連発してくれる。ただ、フィオナ客演のしっとりバラードを始め、当然ながらキラキラ・シンセのAOR路線もあるし、思いっきり’80年代風味のプラスティックなアレンジも飛び出します。
(奥村裕司)