GRAND THEFT CULTURE/GRAND THEFT CULTURE

GRAND THEFT CULTURE/GRAND THEFT CULTURE

ミシェル・サントゥニオーネ(vo, g)とシンセ/サンプラー奏者を中心に結成された、スウェーデンの4人組のデビュー作。強いビート感でファンキーにハネる「Burn」辺りは’90年代のラップ・ロック好きにも響く感じだが、大半の曲は歌メロだけを追いかけたら割りと普通の北欧メロディアス・ハード。…なのだが、どの趣向の曲でも演奏/アレンジが凝っていて、ジミヘン風の特徴的なコード感やフィードバック・ノイズに、スライド・ギターを用いてのサイケ感、スクリレックス風のエレクトロ・サウンド等が混じり合った奇妙な音が、メロディアス・ハードの上に下に張り巡らされている。凄いセンス!
(菅原健太)