QUEEN OF HEARTS/KING COMPANY メロディック・ハード・ロッカーの2作目

QUEEN OF HEARTS/KING COMPANY メロディック・ハード・ロッカーの2作目

ウォーメンのアンティ・ウィルマン(g)が結成した、フィンランド産5人組骨太メロディック・ハード・ロッカーの2作目。ブルージーな歌い回しで男気を煽りまくっていたパシ・ランタネン(サンダーストーン)が喉の不調で離脱し、YouTubeで発掘したという無名の新人レオナルド・F・ギランを後任に迎えての再出発作品だ。アートワークもバッド・ボーイズ風からファンタジー・タッチへと趣きが変わっているが、徹底した泣きメロ重視の姿勢も、キーボードを効果的に用いたスムーズなサウンド指向も不変。曲の高揚感を鮮やかに汲み取って泣きのソロにつなぐ、ウィルマンの叙情の才能が今回も大活躍している。
(平野和祥)