PHOENIX/NOCTURNAL RITES – スカー・シンメトリーのギタリストを後任に迎えての復活作

PHOENIX/NOCTURNAL RITES – スカー・シンメトリーのギタリストを後任に迎えての復活作

スウェーデン産メロディック・メタラーの『THE 8TH SIN』(’07年)以来となる第9作。結局、サバトンに加入したクリス・ローランドは脱退し、スカー・シンメトリーのペル・ニルソン(g)を後任に迎えての復活作だ。いきなりシンフォニー・エックスばりの太く歪んだリフで幕を開け、次がクリスのクレジットもある重厚&キャッチーなナンバーで、3曲目はキャメロットみたい…と思ったら、以降もデジ風味などがちりばめられ、本道は守りつつ、随所で実験的手法が違和感なく採り込まれている。メシュガーのヘルプも務めるペルは期待以上のシュレッダーで、ジョン・ペトルーシ系との印象。早くライヴが観たい!!
(奥村裕司)