鋼鉄の誓い/PHANTOM EXCALIVER

鋼鉄の誓い/PHANTOM EXCALIVER

ヘヴィ・メタルと世界の平和を守るために結成された、自称メロディック・スピード・デス・メタル・バンドのデビュー作。その名の通り、キレッキレの速弾き&ツーバス連打、スクリーミング&ハイ・トーン・ヴォイス(ギタリストが担当)の両輪で過激にバカバカしく突き進む様は、つまりこれがダサかっこいいと言うのだろう。何と言ってもギターのクサいことクサいこと。シングル・ギターながらバンドの中心に鎮座し、テクニカルかつキャッチーなリフやソロを撒き散らすセンスも秀逸。これがメタルだよな、という典型的な展開美に思わず顔がニヤける。笑顔満載というライヴも気になる、新進気鋭のメタル馬鹿の誕生だ。
(新垣信哉)