OUR COUNTRY AMERICANA ACT II/RAY DAVIES

OUR COUNTRY AMERICANA ACT II/RAY DAVIES

再結成が噂されるキンクスのフロントマンのソロ作は、バック・バンドに再びビル・スタンリー(g)とザ・ジェイホークスを従えた、’17年『AMERICANA』の続編。スライド・ギターやマンドリンも聴こえるカントリー・ロックを下地にするが、作りは凡庸なAORにあらず。弦楽器だけでなく、古風な鍵盤や管楽器も的確に配置してレイドバックした空気感を丁寧に編んだ、職人技のアメリカン・ロック盤だ。キンクス印のポップネスを漂わせて、時に呟くように歌い、スポークン・ワードも入れるレイ・デイヴィス(vo, g etc.)にはドアーズが見えてくる感覚もあって、流石の深さの表現力にも大いに魅了された。
(菅原健太)