THE ECLIPSE/SERENITY IN MURDER

THE ECLIPSE/SERENITY IN MURDER

国産シンフォニック・メロディック・デス・メタル・バンド(TYRANT OF MARYなどで活躍するAllen/drが新加入)による3rd作。女性シンガー:Emiの屈強でありながらメロディーを感じさせるスクリーム/グロウルを中心に、荘厳流麗なシンセ、疾走感溢れるツイン・ギターで彩られた楽曲は、1曲1曲がコンパクトながら絶大なアピールを放っており、好評を博した前作『THE HIGHEST OF DYSTOPIA』(’15年)よりもさらに緻密で重厚、そして変化に富んだアレンジを聴かせる。各曲のキャラクターも鮮明で、聴き手の想像力を豊かに刺激。必ずしもギター中心ではないが、メタル・ファンなら聴いて損なし。
(小澤明久)