毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

CIRCLE OF KNIVES/SERPENTINE

サークル・オヴ・ナイヴス/サーペンタイン

アーティスト名 SERPENTINE
サーペンタイン
アルバム名 CIRCLE OF KNIVES
サークル・オヴ・ナイヴス


CD | マーキー・インコーポレイティド/アヴァロン | 5月20日発売

Amazonで購入する

イギリスで'07年に結成された5人組による、約4年ぶりとなる3枚目のアルバム。メロディアス・ハード・ロックの理想型とも言えるマテリアルを紡ぎ出してきたバンドだが、本作は大いなる進化が刻まれた印象だ。まずは新たに迎えられたアダム・ペインなるシンガーの存在。前2作に参加していたトニー・ミルズ(元SHY)とは趣が異なるものの、味のある歌唱で魅了する。そしてさらなる注目は、テンのフロントマンであるゲイリー・ヒューズがプロデュースを手掛け、作曲にも関わっていることだろう。ギターを始めとするサウンドに重厚さが増し、楽曲そのもののドラマ性も高まった。期待通りの好作品。
(土屋京輔)