MIAMI POP FESTIVAL/THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE

MIAMI POP FESTIVAL/THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE

3月の『PEOPLE, HELL AND ANGELS』に続き、本作は’68年5月に行なわれたマイアミ・ポップ・フェスティヴァルでのライヴ音源。今回もエディ・クレイマーとプロデューサーに名を連ねるヘンドリックス研究家ジョン・マクダーモットは、以前、今後の作品に関して「モンタレー・ポップ・フェスティヴァルでのライヴ音源」だと話していたが、マイアミが先だった。有名曲が揃い、しかも『ELECTRIC LADYLAND』(’68年)制作真っ最中の脂が乗り切った時期のライヴ。またフリークの研究素材になること間違いなしだ。それにしても、冒頭のチューニングは見事に[半音下げ]。こういう生々しさは感動するなあ。
(福田真己)