Tapestried Destiny/VALTHUS

Tapestried Destiny/VALTHUS

東京を拠点に活動する、’06年結成メロディック・パワー・メタル・アクトの初フル・アルバム。当初はハロウィンやエドガイ、ストラトヴァリウスなどのカヴァー曲を中心にプレイしていたというだけあって、初期ガンマ・レイやキスク以降のハロウィンに通じるポジティヴなテイストから、ジャパメタ的湿度高めの哀愁まで様々なメロディーを駆使。元AXBITESのメンバーを擁する確かなプレイの弦楽器隊とキーボードの絡みもスリリングに聴かせてくれる。ことにベーシストのテクニカルなプレイは注目ポイント。英語詞にこだわりを持っているように見受けられるヴォーカルは、日本語詞での歌唱も聴いてみたい。
(久保田千史)