毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

APOCALYPTIC LOVE/SLASH FEATURING MYLES KENNEDY AND THE CONSPIRATORS

前スタジオ作『SLASH』(’10年)に参加したシンガーの中で、むしろその知名度の低さゆえに強い印象を残したのが、アルター・ブリッジのマイルス・ケネディだった。果たして彼は、トッド・カーンズ(b)、ブレント・…

FORMSHIFTER/ALLEGAEON

たった1枚のセルフ・リリースEPをきっかけに名門“Metal Blade”とのディールを獲得したコロラド産メロディック・デス・メタル・バンドの2nd。重心の低いブルータリティと直球メロディーをバランス良く配合、洗練された…

SLIPSTREAM/BONNIE RAITT

今年でデビュー41周年を迎えたボニー・レイットの、約7年ぶりということになるスタジオ・アルバム。アルバム制作に関しては、すべてを知り尽くしているベテランだけに、完成度の高さは文句ナシ。ヴォーカリストに徹したようなAOR風…

THE MIDNIGHT CHASE/CRUCIFIED BARBARA

スウェーデン出身の女性ハード・ロック・バンドによる、約3年ぶりとなる3rdフル。タフ&ワイルド、軟弱野郎のタマを真っ正面からワシ掴みにしかねないアグレッシヴさにいよいよ拍車がかかり、全体的にはより強靭かつメタリ…

CRIMEN EXCEPTA/CRYSTAL VIPER

メタル・クイーン:マルタ・ガブリエル(vo, g)を擁するポーランド産トゥルー・メタラーの4th。今回は各曲間に短いSEを挟みながら、宗教裁判、黒魔術、魔女などをテーマとした中世世界を描くという今までにないドラマティック…

VIRGIN/exist†trace

メンバー全員が女性という、稀有な構成のヴィジュアル系バンドとして先駆者的な存在となっている’03年結成の5人組。本作はメジャーでは初のフル・アルバムだが、作品を重ねるごとに成長を感じさせてきた足跡を集約する内…

9 Gates For Bipolar/OBLIVION DUST

約4年ぶりとなる新作は、“9つの独立した世界”がコンセプト。タイトル通り、1曲1曲にしっかりとした表情とメリハリがあるため、どこから聴いても没入できる。バンドのスケールの大きさは変わらず、聴いた瞬間に心を掴むKEN LL…

FEW AGAINST MANY/FIREWIND

今回ガス・G(g)が掲げているのは“グルーヴ&ヘヴィ”。「これまでのファイアーウインド作品にないもの」という前提から導いたテーマらしいが、ただ、リズムの妙を感じさせる①、文字通りヘヴィな②、幾つものリフが織りなす③など、…

FROZEN RAIN - AHEAD OF TIME
AHEAD OF TIME/FROZEN RAIN

ベルギー人ソングライター/マルチ・ミュージシャン:カート・ヴェリークを中心とするメロディアス・ハード・ロック・プロジェクトの2nd。輸入盤市場で好評だった’10年のデビュー作では各パートに多くのゲストを起用し…

FIFTH ELEMENT/PATHFINDER

デビュー作での新人離れした激走っぷりがリスナーの心をがっちり射止めた、ポーランド出身6人組による2年ぶりの2nd。疾走感と共にラプソディーを彷彿とさせるドラマ性も持ち合わせている彼らだが、疾走度はそのままに、今作は1曲1…

LONG LIVE HEAVY METAL/3 INCHES OF BLOOD

カナダが誇るオールドスクール・メタラーによる通算5作目。本作からベーシストがフィア・ファクトリーなどで知られるバイロン・ストラウドに交替している。このベタなタイトルからして彼らの熱血サウンドが不変であることは分かると思う…

OMERTA/ADRENALINE MOB

ドリーム・シアターを脱退したマイク・ポートノイ(dr)が参加したことで注目を集めているアドレナリン・モブのデビュー作が登場した。元々はシンフォニー・エックスのラッセル・アレン(vo)と、テクニカル・ギタリストとして2枚の…

1 / 3 ページ123