毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

THE WANDERER/DIABULUS IN MUSICA

女性シンガーをフィーチュアするスペイン産ゴシック/シンフォニック・メタル・バンドの2nd。“メタル・ブレイド”から“ナパーム”へとレーベルを移籍すると共に、ミックス&マスタリングも前作のサシャ・ピート&ミロからヤコブ・ハ...

WELCOME TO THE THEATER/REINXEED

スウェーデン人マルチ・プレイヤー:トミー・レインエクシード(vo, g, key)のリーダー・バンドによる通算5作目。端正に煌めくクリスタルのようなメロディック・メタル・ワールドは本作でもしっかりと健在で、'08年のデビ...

LEX HIVES/THE HIVES

ほぼ4年半振りとなる通算5作目のフル・アルバム。目玉のレジデンツよろしく黒の燕尾服にシルクハットというコスチュームに衣替えをし、音楽も変化?と思って聴いてみたが、驚くほど変わっていなかった。キレの良いガレージ・ロックが「...

PHANTOM ANTICHRIST/KREATOR

ベテラン・ジャーマン・スラッシャーの新作。'05年の『ENEMY OF GOD』、'09年の『HORDES OF CHAOS』の流れに逆らわない、骨の髄まで暴力的で冷酷だが人肌の温もりが確かにある彼ら一流のスラッシュ・メ...

BAG OF TRICKS/PELLEK

英国を拠点とするメロディック・メタラー:ダムネーション・エンジェルスが今春リリースしたデビュー作でも歌っていた、ノルウェー人シンガーの1stソロ。時を同じくして新作をリリースするトミー・レインエクシードが全パート演奏&プ...

INROADS/THE WRETCHED END

元エンペラーのギタリスト:サモスがザイクロンのラスト作リリースから解散までの間に、スカムでも行動を共にしたコスモクレイターことコスモ(vo, g)、ダーク・フューネラルのドミネイターことニルス・フェルストロム(dr)を引...

DIRECT THIRD/DAITA

2ndソロから4年、シリーズ前作から6年振りという待望の新作は、もちろん全曲ギター・インスト。シンプルなタッピング・シーケンスで徹頭徹尾押し切る1曲目や、曲中間部でテンポ・チェンジしてシンプルなテーマを2色のカラーでドラ...

L'ENFANT SAUVAGE/GOJIRA

ソウルフライの大将のお墨付きを得ている仏産バンドの5作目にして初の日本盤だが、なぜもっと早くに日本デビューさせなかったのか。ブルータル・デスの技法が用いられたプログレ——部分的にメシュガー、ニューロシス、マストドン辺りに...

MNEMESIS/MNEMIC

デンマーク出身の5人組による5作目。前作『SONS OF THE SYSTEM』('10年)の発表後、メンバーの大半が入れ替わるという危機的事態に直面したものの、短期間で体制を立て直し、アルバムのリリースに漕ぎ着けたこと...

FIREBIRTH/GOTTHARD

スイスの国民的バンドによる、不慮の事故で看板シンガーを喪うという悲劇を乗り越えての第10作。ところが、聴き始めてすぐに仰天した──何と、故スティーヴ・リーのあの歌声が…!? いや、もう少しハスキーな声だが、とにかくよく似...

WALL STREET/WIG WAM

日本でも確固たる支持基盤を築いている、ノルウェー出身の4人組による4枚目のアルバム。ライヴでも大いに盛り上がる、ポップで華やかなハード・ロック・チューンが、一般的には彼らの特性と認識されているだろう。本作の全体像で言えば...

THE PARAGON OF ANIMALS/CRASH

'89年結成、韓国出身のスラッシュ・メタル・バンドによる、本国では'10年リリースの6作目。前作『THE MASSIVE CRUSH』('03年)はインダストリアル風のモダン・グルーヴ・メタル作で、多少なりとも首を傾げざ...

1 / 4 ページ1234