毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

GENESIS REVISITED II/STEVE HACKETT

'96年にプログレの大物を従えて作ったジェネシス楽曲のセルフ・カヴァー・アルバム、その第2弾。今度の参加メンバーにはさりげなくオーペスのM・オーカーフェルトの姿もあり、マリリオンやイット・バイツ、フラワー・キングスといっ...

START THE PARTY/THE BLACKOUT

ツイン・ヴォーカル/ツイン・ギターを擁する英産6人組による4thフル。初期のエモ/スクリーモ要素が後退し、'90年代型ヘヴィ・ロック/NU METAL要素が高まった'11年の前作『HOPE』の大衆性が更に推し進められ、キ...

CONDUIT/FUNERAL FOR A FRIEND

英メタリック・スクリーモの雄による、レーベルを移籍しての6作目。前作ではギターとベースが交替し、今作ではパット・ランディ(dr/元ライズ・トゥ・リメイン)が新加入となったが、新しい血を入れようが環境が変わろうが音楽性/演...

SNAKECHARMER/SNAKECHARMER

M・ムーディ(g)&N・マーレイ(b)の元ホワイトスネイク組を中心に、元ウィッシュボーン・アッシュのL・ワイズハイド(g)、元サンダー〜現マグナムのH・ジェイムズ(dr)、プログレ畑のA・ウェイクマン(key)、そしてハ...

RIDE THE VOID/HOLY GRAIL

'10年の“LOUD PARK”でも好演したL.A.出身の5人組による2nd。前作同様NWOBHMの世界を踏襲しながら、ハイ・トーンなヴォーカルで疾走するスタイルに大差はないが、イントロからソロまで流麗かつフック余りある...

THE DIVINITY OF PURPOSE/HATEBREED

もはや言わずもがなのモッシュコアの重鎮、6枚目のフル・アルバム。フランク(g)加入後の前2作は本人達曰く「最高の状態」であったことも手伝ってか、やや盛り過ぎ(といっても彼ら基準)のきらいがあったが、それも落ち着き、本来の...

A LA MODE/SENRI KAWAGUCHI

女子高生スーパー・ドラマーが遂にアルバム・デビュー。かの菅沼孝三(dr)に師事し、'07年には小学生にもかかわらずドラム・コンテストで準グランプリを獲得した、現在15歳の強者だ。YouTube動画の総再生回数は2,200...

TARGET EARTH/VOIVOD

彼らの作品となると冷静に聴くことができなくなってしまう人も多いと思うが、本作はさすがにないだろうと思われていたまさかの新作、しかもブラッキー(b)復帰とあって、ますます冷静ではいられないだろう。ピギーの遺志を継ぐ者として...

Devils In The Dark/TAKAYOSHI OHMURA

最近ではLIV MOONでその凄腕振りを発揮している大村の、何と5年振りとなるソロ作品。RAZERのクリス・パワーズ、シンフォニー・エックスのラッセル・アレン、AKANE LIVらをシンガーに迎え、マーティ・フリードマン...

HEAD DOWN/RIVAL SONS

'11年にデビューし、高い評価を得たL.A.出身バンドの、全英チャートNo.1を獲得した2nd。そのサウンドはレッド・ツェッペリンやリヴィング・カラーを連想させる黒っぽくブルージーなハード・ロックで、R&Bやフ...

THE AWAKENING/VICTORIUS

ドイツはライプチヒ出身の5人組パワー・メタル・バンドの2nd。ハロウィン・ルーツの模範的ジャーマン・メタルをドラゴンフォースに通じる現代的なスピード感でブラッシュ・アップしつつ、全体をドリーム・イーヴルやブラッドバウンド...

TRANSITION/STEVE LUKATHER

'08年の前々作〜'10年の前作に続く“三部作”の締めと位置付けるソロ作品。デフ・レパードのフィル・コリン(コーラス参加)、レッチリのチャド・スミス(dr)、タル・ウィルケンフェルド(b)、グレッグ・ビソネット(dr)、...

1 / 3 ページ123