毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

SHARA/SHARA

アースシェイカーのギタリストである石原愼一郎が、バンド・デビュー30周年記念作品に先駆けて発表する初のソロ・アルバム。まず注目されるのは、初期メンバーだった二井原 実(vo/ラウドネス)の参加で実現した第二期アースシェイ...

BLACK DOG BARKING/AIRBOURNE

オージー・ロックンロール・バンドの通算3作目フル。相変わらずの遊びダマなし、ド真ん中に160km台のストレートを投げ続ける一直線ぶりだ。前作、前々作からの成長を探すも特に見当たらず、かと言って何の不満も感じさせない内容。...

LIFE SENTENCE/SATAN

パライア名義の『UNITY』('98年)以来となる、NWOBHMバンドの復活作。30年前のデビュー作『COURT IN THE ACT』('83年)のラインナップが再結集し、その続編かというメタリックな疾走感と煮え切らぬ...

MAGNUS KARKSON'S FREEFALL/MAGNUS KARKSON'S FREEFALL

ミッドナイト・サン、ラスト・トライブを皮切りに数多くのバンド/プロジェクトを主宰し、現在はプライマル・フィアのメンバーでもあるスウェーデン人ギタリストの、初の(意外!?)ソロ作。ラッセル・アレン、ラルフ・シーパース、トニ...

SCARS/THE RESISTANCE

元イン・フレイムスのイェスパー・ストロムブラード(g)が、旧友グレン・ユングストローム(g)と新たに組んだグループの1stフルレンス作。この2人が組むとなると、思い出すのはディメンション・ゼロだが、確かにあの激速傾向はこ...

THE IRONHEARTED FLAG Vol.1: REGENERATION SIDE/GALNERYUS

衝撃のメジャー・デビューから10周年を記念して、小野“SHO”正利(vo)加入以前の作品からの楽曲を、現体制で再現したセルフ・カヴァー作。前任者のイメージが濃い初期曲であるが、小野の透き通るようなハイ・トーン、原曲に忠実...

GRANDINE IL VENO/RENAISSANCE

英産老舗プログレ楽団による、'10年のEPに続く──フルレンスとしては'00年作『TUSCANY』以来──ニュー・アルバム。昨年11月のリーダー格:M・ダンフォード(g)の急逝を乗り越え、彼が遺した楽曲を仕上げて完成させ...

Bu-Tik/CHTHONIC

最早“アジアを代表するメタル・バンド”という言葉を冠しても何ら異論はないだろう、台湾が誇るオリエンタル・シンフォニック・メタル・バンドの通算7作目。前作の化けっぷりにもド肝を抜かれたが、本作ではそこから更に限界を突破して...

PARAMORE/PARAMORE

米英で初登場1位を記録した新作。先行シングル「Now」を聴いた段階で一皮むけた感触はあったものの、ここまで垢抜けるとは! ポップ・パンクという出自から段階的に成長を重ね、ロック・バンドへと進化してきた彼らは、名実ともにこ...

THE WINERY DOGS/THE WINERY DOGS

トニー・マカパイン、デレク・シェリニアンとライヴ盤『LIVE IN TOKYO』('13年)を出したシーン屈指のリズム隊ビリー・シーン(b)&マイク・ポートノイ(dr)が、リッチー・コッツェン(g)とも組んでいた。ビリー...

TEARS ON TAPE/HIM

フィンランド出身の自称“ラヴ・メタル”バンドによる通算8作目。これまで以上に腹の底に響くヘヴィ&ファットなリフを軸とするパワフルな展開を示すも、彼ら一流のメランコリックで分かりやすく耳に残るメロディーが冴えてお...

NOW WHAT?!/DEEP PURPLE

デビュー45周年を迎えたディープ・パープルが約8年ぶり、通算19枚目のスタジオ・アルバムを完成させた。'94年にバンドに加入したスティーヴ・モーズ(g)は、今となっては在籍期間ではリッチー・ブラックモアを超えており、彼が...

1 / 3 ページ123