毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

冠 徹弥 & K-A-Z/THE冠 インタビュー『奪冠』

インタビュー●坂東健太 Kenta Bando

アップ・ピッキングにキレがないとあのリフは活きない

YG:そして2曲目「ただ単に」ですが…。
冠:あれも狂ってるね、ワーミー・ペダルを使いまくってて。ヤング・ギターさんにはぜひTAB譜を載せてもらって、K-A-Zに解説させてやってほしい(笑)。ぜひギター・キッズに弾いてもらいたいですから。

YG:ワーミーは踏み込む動作だけで、ぶっ飛び感が100倍増しになるのでいいですよね。
K-A-Z:そうだよね。いつもソロは色んなアプローチを試すんですよ。勢いのある曲ならギター・ソロも勢いで入るのか、しっとりしているパートなら抑えて弾きながら徐々に温度を上げていくのか…、そうやって色んなパターンを試す中で、この曲に関してはワーミーをぐしゃぐしゃ踏むようなスタイルになった(笑)。一応、ちゃんとした音符でしっかり弾いてはいるんだけど。

YG:そこで適当なフレーズを弾かないのが、K-A-Zさんらしいですよね。
冠:そう。そこが凄い。
K-A-Z:ワーミーは最後にスパイスを振るくらいの意識なんですよ。フレーズが出来上がった上でね。

YG:スラップ・ベースのリフも印象的ですね。
冠:大桃俊樹が弾いてくれていますね。もともとSo What?のメンバーで、最近はデーモン閣下のバンドなどでもやっているベーシストです。
K-A-Z:あのリフはギターも難しいんだよね、実は。
冠:今回のアルバムで最初に作ったリフで、確かに相当難しかった。
K-A-Z:苦労した…とまでは行かないけど、なるほど!っていう発見はあったね。ダウン・ピッキングとアップ・ピッキングで、アクセントの位置が交互にくるから、アップ側にキレがないとあのリフは活きない。
冠:ようやく最近バチっとハマって来たよな、ライヴでも。これはライヴで盛り上がることだけを考えて作った曲で、歌詞も俺がいつも叫んでることを書いたんです。「今すぐ跳べ」「1人で来ててもかませ」「曲知らなくてもかまへん」とか、箇条書きにしながら。「ハゲ散らかしてもかませ」「化粧が落ちてもかまへん」…、最終的には「物販買ってくれ」って言ってます(笑)。

YG:前半はひたすら強気で煽っているのに、後半へ行くにつれて気遣いが出て来るところがいいですよね(笑)。
冠:「疲れたら下がれ!」「ちゃんと俺も見て!」と(笑)。まあ真面目に言うと、これは己を解放して自分らしく生きてほしいという思いで書いた曲で、最後の「生きろ」にすべて集約されてますね。

YG:歌詞の起承転結が素晴らしい。
K-A-Z:いやぁ、天才だと思うよ! こういう歌詞の書き方をする人って、他に知らないもん。
冠:みんなこんな感じやで、(サッズの)清春さんだって…。
K-A-Z:絶対違うから!(笑) (SEX MACHINEGUNSの)ANCHANGともまた違う気がするし。

YG:ANCHANGは路線は似ていますが、わりと歌詞に物語性を持たせますよね。
冠:彼の場合はフィクションでも面白く書けるタイプだと思うんですが、僕の場合はほぼ実体験のノンフィクションなので。
K-A-Z:稀な存在だと思うよ。多分、お客さんもそういうところで心をつかまれているんじゃないかな。

YG:3曲目「待てど暮らせど」。リフが不思議すぎるというか、ツイン・リードがずっと鳴っている感じですよね。
冠:この曲はK-A-Zじゃなくて、ライヴで弾いてくれているBetchiというギタリストが録ってくれてます。基本的にはツイン・リードで、歌い出したらひたすらフル・ピッキング。ハモッたりもしていますが、ただのパンク・ソングというかハード・コア・ソングですね。ギター・ソロもない。

YG:ソロの代わりに、中間部にはダース・ベイダーが急に出て来ますよね(笑)。
冠:そうなんですよ。あれはもうほぼ僕のデモのまんま。超攻撃的ハードコア・メタルがテーマだったので、ダース・ベイダーは暗黒感、闇感を醸すために出て来てもらいました。歌詞もかなり辛い内容で…。

YG:他の曲は最後に救いがあるパターンが多いですが、この曲は主人公があまりにもかわいそうで、読んでいられませんね(笑)。
冠:どのアルバムにも必ず、サラリーマンの哀愁を歌う曲を入れているんですよ。僕の飲み仲間にはサラリーマンがけっこういて、十代の子供がいるヤツも多いから子育てで大変だし、家族サービスもしなきゃいけない。彼らの話を聞いていると、本当に立派だと思うんです。俺なんて独り身で自由気ままにやっているのに、こいつらの方がロックでかっこいいんじゃないかと。僕は背広を着ている人たちを、戦士だと思っているんです。

YG:いわば応援歌ですね。
冠:そうです。サラリーマンならカラオケで泣きながら歌いますよ、絶対。まあ超早口だから、難しくて歌えないだろうけど(笑)。

YG:4曲目の「やばい」は、これもアルバムに1曲必ずある社会派の歌詞ですね。
冠:これは「李下に冠を正さず」ということわざから出た歌詞なんです。テレビでいわゆるモリカケ問題の話をやっていた頃に、この言葉がよく目に付きまして、冠という文字についつい食い付いてしまいました(笑)。…とは言っても、単純に安倍政権への批判と受け取られるとちょっと困るんですが。我々国民はそんなに馬鹿じゃないぞって、そういう内容ですね。THE冠のライヴに来てくれる若い子たちにも、少し考えるきっかけになればと。ただ、曲はものすごくポップです(笑)。
K-A-Z:ポップだよなぁ。あまり刻んでないし、青春感があるよね。

YG:ギター・ソロに関しては、音程の上下の波がどんどんうねって行く様が、ハンマー投げのようなイメージですね。
K-A-Z:ハンマー投げって!(笑)
冠:めちゃくちゃ良いソロなんですよ。それを歌でかき消すという(笑)。
K-A-Z:俺がもらったデモの段階では、まだ歌は入ってなかったよね。これは入り口をメロウに弾いておいて、徐々に温度を上げて行くパターン。

YG:最後に辻褄が合うよう音を無理矢理詰め込んでいくスタイルは、K-A-Zさんの十八番ですよね。
K-A-Z:後半に向けて上がっていくのは大好きだね。下りつつ上がりつつの繰り返しで、わざと1フレットずつずらしてちょっと変な感じにしたんだけど。

YG:5曲目「ヘビーメタルで」…これはバラードと言って良いのでしょうか?
冠:バラード以外に何と例えれば良いのでしょう(笑)。
K-A-Z:ザ・バラードだね。

YG:というのも、全体的にどこか演歌のエッセンスを感じたので。
冠:演歌というか、ムード歌謡的な要素はありますね。

YG:メタルを他ジャンルの要素で表現するという、実に不思議なアプローチですよね。
冠:メロディーだけならムード歌謡として聴いても違和感がないかもしれないですね。でもバックはゴリゴリのヘヴィ・リフ。
K-A-Z:そこも冠のオリジナリティの1つかもしれない。普通のヴォーカリストがこの曲にメロディーを付けたら、もっとありがちなメタルになっちゃうと思う。冠はそこに歌謡エッセンスを加えるんだよね。
冠:でも俺、この歌に演歌のイメージはなかった。俺の中ではKORNやで。
K-A-Z:(笑)無意識に出ちゃうんだろうね。俺だって、いつの間にかスティーヴ・ヴァイの要素が出て来たりするもん。

YG:歌詞は全体的にシリアスなんですが、最後の方に「高い声無駄に出してくれ」という一節が入っているところが、実に冠さんらしい(笑)。
冠:この曲は「辛い思いをメタルでかき消してくれ」というのが大きなテーマなんです。ひたすら高い声と爆音で、嫌なことをどかんと吹き飛ばしてくれという、僕がメタルに求めているものをそのまま書いたのですが、やっぱり少し自虐になりますね(笑)。ただこの歌詞は、次の曲である「恐怖のベルが鳴る」につながる布石でもあるんですよ。「轟く雷鳴 嵐の中で流れる涙 ばれないように」という歌詞があるんですが、その内容が次の曲に掛かって来る。

YG:その「恐怖のベルが鳴る」を作曲したのは、K-A-Zさんなんですよね。THE冠のアルバムに収録されるのは、これが初めてですか?
冠:初ですね。共同制作は今までに何度もしましたしけど、がっつりK-A-Zが1人で作った曲はこれだけ。
K-A-Z:以前からいつかやろうって言っていたんですよ。今回はソロ・アルバムに入れにくい“ザ・メタル”なアイデアを冠にいくつか聴いてもらって、その中からこれが選ばれた。

YG:それがまさか、宅配ピザ・アルバイトの悲哀について歌う曲になろうとは…(笑)。
冠:「轟くサンダー」という言葉から始まり、読み進めて行くとそんな内容ですよ。しかもこの曲はロブ・ハルフォードみたいに歌っているしね。
K-A-Z:うちのスタジオで歌を入れる時に、色々実験してみたんだよね。そこでロブっぽくやってみようかというアイデアが出て、やってみたらめちゃくちゃハマった(笑)。

YG:昔から冠さんのハイ・トーンはロブっぽかったですが、ただこの曲の場合は中音域でもやっていますよね。あの特徴的な声を、ここまで再現できるとは思いませんでした。
冠:今までにやってそうでやってなかったんですよ、ロブの中域っていうのは。
K-A-Z:ガーっと詰め込むんじゃなく、言葉と言葉に隙間があって、それも意外にハマったよね。まだ歌詞がなくて適当に歌っていた時の方が、もっとロブみたいだったけど。

YG:バンド名を伏せて外国人に聴かせたら、ご本人と勘違いしてしまうぐらいのクオリティですよ。
冠:ゴリゴリの日本語ですけどね。「雨合羽装着」とか言ってますから(笑)。
K-A-Z:俺、この曲のデモを録ってた時、ゲラゲラ笑ってたもん(笑)。

YG:しかもこれ、ジューダス・プリーストというより、’90年代のファイト以降のロブを意識していますよね。
冠:確かに最近のロブですね。でもサビでは一気に歌謡曲になるんですよ。
K-A-Z:だからあそこはコードの雰囲気を変えたんだよな。最初はもっとモダン寄りなアイデアで試してみたらイマイチだったから、開けるようなコードにしたんだよね。そんな紆余曲折を経て…。
冠:まさかそんな歌詞になるとはね(笑)。ただ僕はピザ屋さんでバイトをしていたことがあるので、これもノンフィクションなんです。全国のデリバリーの方々に聴いてほしい。泣ける歌なので。

YG:サビだけ抜き出して読むと、凄くグッと来る歌詞なんですよね。
冠:そう、サビだけだったらどんな宅配CMのタイアップでもいける(笑)。でも他のところでは「したり顔の店長」とか「早よ来いラストオーダー」って歌ってるし、さすがに使えないか。

当ページの連動記事をヤング・ギター本誌に掲載!