毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

GRIMMEST HITS/BLACK LABEL SOCIETY

グリメスト・ヒッツ/ブラック・レーベル・ソサイアティ

BLACK LABEL SOCIETY - GRIMMEST HITS
アーティスト名 BLACK LABEL SOCIETY
ブラック・レーベル・ソサイアティ
アルバム名 GRIMMEST HITS
グリメスト・ヒッツ


CD | ユニバーサル インターナショナル | 2018年1月19日発売

Amazonで購入する

ザック・ワイルド(vo, g)率いる4人組(ただし、セカンド・ギターのダリオ・ロリーナはレコーディングには不参加)の、『CATACOMBS OF THE BLACK VATICAN』(’14年)に続く第10作。相変わらず、ザック流ブラック・サバスといったナンバーが目立っているが、前作ではヘヴィ・リフ主体の楽曲でもかなりレイドバックしていたのに対し、ZAKK SABBATHでのライヴ活動が影響してか、今作ではハード&メタルな“うねり”が大復活。粘っこくダウナーなグルーヴからも野卑な攻撃性がビシビシと伝わってくる。トニー・アイオミのプレイやフレーズを研究しまくっているザックだからこその、尊敬と敬愛に満ち満ちた本気度の高いオマージュも素晴らしく、多くのサバス・フリークが思わずハッとさせられる瞬間が何度もあること請け合いだ。

一方、のっけからハイ・テンションな速弾きが炸裂し、エモーショナルに咽び泣く長めのソロも味わい深く──ピッキング・ハーモニクス成分の低さは気になるものの──リード・パートの弾き込み具合は過去最高かも。ただ、いなたいサザン風味も勿論散りばめられており、ブルージーなバラードもあって、イイ意味で枯れたトーンや生音に近い歪みもたっぷり堪能できる。「The Only Words」「Disbelief」の“Unblackened Version”(ボーナス・トラックの2曲)も要チェック。
(奥村裕司)