毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

BROKEN HEART SYNDROME/ALEX BEYRODT’S VOODOO CIRCLE

しばらく音沙汰のないサイレント・フォースに代わり、ソロ・プロジェクトとして始動したこのレトロ志向ユニットが、アレックスのメイン・バンドとなるのだろうか? 実際、約2年半ぶりの本作2ndは、彼が標榜する“古き良きHR”によ…

SET THE WORLD ON FIRE/BLACK VEIL BRIDES

初期W.A.S.P.やモトリー・クルーにV系を足したようなルックスのL.A.産メタル・バンドの2作目。メジャー・デビュー時のA7Xをよりコマーシャルにした感じの、ハードコア/パンクのストリート感を放つメロディック・スピー…

BETWEEN THE DEVIL & THE DEEP BLUE SEA/BLACK STONE CHERRY

米国南部ケンタッキー州の、新世代サザン・ハードの旗手による3作目。BLSばりに無骨なリフは無論、ワウ・ペダルを駆使したザック・ワイルドばりに粘り気のあるプレイも聴きものだが、ベーシックな部分の表現力も大幅に上昇しており、…

BLOTTED SICENCE
THE MACHINATIONS OF DEMENTIA/BLOTTED SCIENCE

前衛スラッシュ集団:ウォッチタワーへの参加、近年ではマーティ・フリードマンのツアー・メンバーとしての活動で名を馳せた、変態ギタリスト:ロン・ジャーゾンベクが率いる超絶技巧インスト・トリオの1st。’07年に米…

LIVE FOR TODAY, HOPE FOR TOMORROW/CONCERTO MOON

コンチェルト・ムーンにとって久々のライヴCDは、井上貴史(vo)脱退前の最後のステージ(昨年9月/渋谷BOXX)を収めたメモリアル作となった。ギターとヴォーカルがデカく、全体的には正直言って「凄く良い音」ではないのだが、…

SOUNDS OF A PLAYGROUND FADING/IN FLAMES

かつて楽曲制作の核を担っていたイェスパー・ストロムブラード(g)が脱退、それが凶と出るか吉と出るか。恐らく北欧界隈で最も注目を浴びている新作の1枚だろうが、結論を言えば…ここ数作の彼らの変化の幅を考えれば、強烈に変わった…

SON TALK/NATIVE SON

マイケル・ジャクソンやエリック・クラプトンなどの数多くの大物の作品に参加してきた名ドラマーのジョン・ロビンソンが、有名セッション・ギタリストのマイケル・トンプソン、更にボビー・ワトソン(b)、モー・プレジャー(key)の…

LIGHT OF A NEW DAY/MYLAND

マルチ・ミュージシャン:パオロ・モルビニ(dr)を中心とするイタリアのメロディアス・ハード・ロッカーの3rd。前作から3年の間にパオロを除く全メンバーが入れ替わってしまうも、その煌びやかなAORハード魂は全く揺るがず。シ…

MANTRA HIROSHIMA/OMAR RODRIGUEZ LOPEZ

回遊魚のように止まることなく音楽を吐き出さずにいられない男、それがオマー・ロドリゲス・ロペス。ご存じマーズ・ヴォルタのギタリストであり、同時に非常に多作なソロ活動でも知られる。本作は昨年発表されたもので、実にソロ通算19…

SOMEWHERE IN CALIFORNIA/NIGHT RANGER

’07年『HOLE IN THE SUN』発表後にジェフ・ワトソンが脱退。同年6月の来日公演は代役(レブ・ビーチ)を立てていたが、翌年行なわれた同公演ではジョエル・ホークストラが正式参加。ジェフの独特なピッキ…

MURDER THE MOUNTAIN/RED FANG

米オレゴン州ポートランド出身の4人組による2ndアルバムにして日本デビュー盤。ハイ・オン・ファイアやザ・スウォードに通じる骨太・豪快にしてオーガニックなヘヴィ・ロックをプレイする。ドゥーム/ストーナーのへヴィ・グルーヴを…

SWEDISH HITZ GOES METAL/REINXEED

ABBA、ロクセット、そしてエース・オブ・ベースという母国スウェーデンを代表する世界的スーパースターの名曲群をメロディック・メタル風味にアレンジして収録した、新作『1912』と同時リリースとなるカヴァー・アルバム。トミー…

1 / 4 ページ1234