NO GRAVE BUT THE SEA/ALESTORM

NO GRAVE BUT THE SEA/ALESTORM

英スコットランド出身、酔いどれパイレーツ・メタラーの第5作。前身バンド時代からのギタリスト(当初はベース)が脱退し、ハンガリーのウィズダムから後任を迎えているが、特に目立った路線変更はナシ…というか、おふざけボーナス曲も含め、どこを切っても“これぞ!”という“fun”な楽曲ばかりで、無骨だが勇壮な“マーシャルの壁を手に入れた海賊どもが鳴らすサウンド”という原点を改めて見詰め直したかのよう。ホーンやフィドル、アコーディオン導入も絶妙で、ギター×鍵盤のソロ・バトルも炸裂する。尚、日本盤は2枚組がデフォで、何と[CD 2]は本編収録全曲の“犬ヴォーカル”ヴァージョンだ…!!
(奥村裕司)