毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

RISE OF THE HERO/IRON SAVIOR

“漢”ピート・シールク(g, vo)のライフワークとも言うべきパワー・メタラーの第8作。初期ハロウィンを武骨にしたようなサウンドは健在…どころか、疾走ツイン・ギター全開のさらにルーツへ迫った仕上がりで、まるで『WALLS…

STARGAZER/ARTEMA

’11年に結成され、昨年は“OZZFEST JAPAN 2013”にも出演、その音楽性から“KIRA☆CORE”を自称する5人組のメジャー2ndアルバム。メタルコアにシンセのキラキラした音色をまぶし、トランス…

GET YOUR HEART ON – THE SECOND COMING!/SIMPLE PLAN

’11年の前作『GET YOUR HEART ON!』と同時期に録音していた楽曲から選りすぐったミニ・アルバム。日本盤は豪州でのライヴ2曲を追加した全9曲の特別仕様だ。ポップ・パンク・マスターといえる存在にま…

R.E.D. ZONE/IKUO

日本を代表する敏腕ミュージシャンの1人として、若手に多大な影響を与えるベーシストが放つ初のソロ・アルバム。矢継ぎ早に繰り出されるテクニカルなプレイは圧巻の一言。縦横無尽に指板を行き来する、複雑でいながらスムーズなフレージ…

UNFOLD/ALMAH

元ANGRAのエドゥ・ファラスキ(vo)のリーダー・バンドによる4th。前作リリース後にANGRA時代の盟友でもあったF・アンドレオーリ(b)とギター・チームの片割れが脱退、それぞれ後任を加えた新布陣で制作されている。手…

I WILL SURVIVE/SEVENTH KEY

現カンサスのビリー・グリアー(vo, b)と元シティ・ボーイのマイク・スラマー(g, key)によるメロハー・プロジェクトの約10年振りとなる3rd。アップ・テンポかつキャッチーな楽曲をギター・オリエンテッドに聴かせてい…

THUNDER & STEELE/STORMWARRIOR

ドイツはハンブルグ出身、4人組メロディック・パワー・メタル・バンドの約2年半振りとなる5thアルバム。今作も愚直なまでに漢らしくピュアな楽曲で埋め尽くされたトゥルー・メタル作品であるが、ガンマ・レイ直結のなりふり構わない…

DAWN OF THE NEW CENTURION/HATRIOT

スティーヴ“ゼトロ”スーザ(vo/元エクソダス)と彼の息子、コーディ(b)&ニック(dr)・スーザが在籍する、2世代スラッシュ・メタル・バンドの2ndフル。前作より音作りも含め、ややオールドスクール寄りな印象ながら、直球…

CIRCUS PANDEMONIUM/A.C.T

劇的で曲芸めいた楽曲展開と人懐こく朗らかなポップ感覚の合体サウンドで’00年代前半に注目を集めた、スウェーデン産変わり種プログレ・メタル・バンドが8年ぶりに放つ5作目。長らく音信不通だったが、まったく変わらぬ…

KATHARSIS/SHEAR

プログレ・メタルに分類されているようだが、紅一点シンガーによるキャッチーな歌唱がとにかく印象的なフィンランド産6人組の2作目。今作ではストラトヴァリウスのマティアス・クピアイネンがミックスと共同プロデュースを担当。アグレ…

SEX, BEER & BREAKDOWNS/DESASTERKIDS

ドイツ出身の5人組によるデビュー作。基本的にはブレイクダウンを多用しつつ、コーラス部ではキャッチーさを思いっきり押し込んでくる典型的なメタルコア・スタイルを示しているが、エレクトロ・オーケストレーションを大量導入している…

SOMEPLACE BETTER/ELYSION

ギリシャ出身の4人組ゴシック・メタル・バンドの約4年ぶりとなる2nd。エキゾティックな妖艶さを振り撒く美女シンガー:クリスティアーナ嬢をフィーチュアし、エヴァネッセンスやラクーナ・コイルを思わせるヘヴィかつモダンなサウン…

1 / 4 ページ1234