毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

MESSENGER/WARDRUM

ギリシャの4人組パワー・メタル・バンドの本邦デビュー盤となる3rd。なかなかの表現力を持つ実力派ハイ・トーン・シンガーと高い技巧を華やかに爆発させる手練の演奏陣が織り成す楽曲群は、ガッツ溢れるパワーと憂いに満ちた哀愁メロ…

LIVE AND RARE/CONCERTO MOON

島 紀史(g)率いる国産様式系メタル・バンドの企画ミニ。ミニと言っても、バンドが昨年敢行した“BLACK FLAME TOUR”最終日となる東京公演からの5曲に加え、過去の人気曲の現メンバーによるリメイク2曲、そして書き…

IF NOT FOR THE DEVIL/FATE

技巧派トーベン・エネヴォルドセン(g)を迎え再スタートを切ったデンマーク産メロディック・メタル・バンドの現体制第2弾、通算7作目。前作で見せた’80年代スタイル復興路線を推し進め、コーラス・ハーモニーとキラキ…

A NEW DAWN ENDING/ANCIENT BARDS

伊産シンフォニック・パワー・メタラーによる約2年ぶりの3rd。“The Black Crystal Sword Saga”の完結章となる本作は、壮大感がグレード・アップしており、その劇的要素を拡充して方向性的にも多様化を…

RONNIE JAMES DIO – THIS IS YOUR LIFE/V.A.

故R・J・ディオの奥方ウェンディが指揮を執ったトリビュート盤。完コピ状態のアンスラックスから、独自の色を加えたモーターヘッド(+サクソンのB・バイフォード)、レインボーの『RISING』(’76年)メドレーで…

BANG!/GOTTHARD

スティーヴ・リー亡き後に新シンガーとしてニック・メイダーを迎えた新生ゴットハードによる第2弾。前作では、スティーヴと声質のよく似たニックの歌唱がどう溶け込むかを探るかのような慎重な曲作りがなされていた印象だが、今作にはよ…

GRAVITAS/ASIA

S・ハウ(g)が三度脱退し、新たに息子世代とも言えるS・コールソンを迎えての通算13作目。かつてあのP・ギルバートも魅了したというコールソンのプレイに注目が集まるが、J・ウェットン(vo, b)と共にプロデュースを手掛け…

9 DEAD ALIVE/RODRIGO Y GABRIELA

ロドリーゴとガブリエーラがリスペクトする歴史上の偉人達への讃歌…というコンセプト作品。偉人とは、クラシック・ギターの原型を作ったギター製作者、心理学者であるホロコースト生存者、奴隷解放家、女性の権利の提唱者、ノーベル平和…

DE LA TIERRA/DE LA TIERRA

セパルトゥラのアンドレアス・キッサー(g)の声がけで実現した、中南米ハード&ヘヴィ音楽オールスターによるプロジェクトの1作目。ブラジル、メキシコ、アルゼンチン連合軍の4人組で、そのお国柄から想像される通りの熱量高いハード…

CHRONOSTRINGS/MinstreliX

日本最強のクサメロ・メイカーが放つ、約2年ぶりとなる4thフル。前半〜中盤を占める真骨頂とも言えるメロスピ・チューンで悶絶しつつ、後半にかけてグルーヴ感重視の楽曲やフィドルを用いたトラッド調曲、恒例のメロデス系譜曲と、ア…

REVOLUTION ROAD/REVOLUTION ROAD

元スネイクス・イン・パラダイスのステファン・ベルグレン(vo)と多くの作品に才能を付与するアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(key)を中心に、エデンズ・カースのポール・ローグ(b)も含む豪華な布陣によるプロジェクトのデビ…

CATACOMBS OF THE BLACK VATICAN/BLACK LABEL SOCIETY

ザック・ワイルド(g, vo, piano/プロデュースも兼務)率いるブラック・レーベル・ソサイアティ(BLS)の、4年ぶりの9作目。前作のオジー・オズボーン・バンド的な疾走感はザックにとってイレギュラーだった…か——今…

1 / 3 ページ123