毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

ベッド・イン 益子寺かおり&中尊寺まい インタビュー

インタビュー●上田慎也 Shinya Ueda

“ギター・ソロ・ヴァージン”だったんですよ…♥(まい)

bedin_live3

YG:ギター・パートについてはどうですか?
まい:全国のナニを勃たせて、子宮に響くようなギター…そういうイメージで弾きました なんちて
かおり:まいのギター・プレイって、何て言うんですかね…同世代やナウでヤングな女子バンドマン〇の中では珍しい、パッション溢れるタイプのタ〜ギ〜かなって思っていて…。
まい:愛方に褒められるとか、セキメ〜ン//////
かおり:私、ギター・ヒーロー/ヒロイン然としているギタリストがスキスキスーなんですよ。ロンモチでテクニックも大事MANですけど、人間臭いというか、いい意味での粗さもありつつ、パッションと顔で弾いてます!みたいな。今ってなんかちょっとクールにシャレオツに弾くのがカッコいいみたいな風潮がある気がしているんですが、個人的にはまいみたいに本能のままにロックンロール魂で弾いてるギターの方が、子宮に響いてスキスキスーですね
まい:本能でサオの扱い方は分かるっていうか…

中尊寺まい(g、vo)パイオツカイデ〜担当

中尊寺まい(g、vo)パイオツカイデ〜担当

YG:全曲ではないにせよ、アルバムにはギター・ソロが結構入ってますよね。昔の歌謡曲にも、なぜかメチャクチャ弾きまくってるソロが入ってたりしましたけど…。
かおり:そうなんです! 曲展開とかも当時の歌謡曲を意識しているところはありますね。
まい:100%So!かもね 今って、EDMとかの電子音が入った音楽が流行ってるじゃないですか。そんな世の中で、あえて“歌謡曲にギター・ソロ”って部分を貫きたいという想いがあって。ギターとハメハメすることが“ボディコンロック”を掲げる上での私の役割だと思っているので、これからもGスポットにキマくりやがるようなギターを弾けたらいいな

YG:どの曲のギター・ソロもコンパクトではありますけど、いずれも曲によくマッチした印象的なソロだと思いました。
まい:はぁあああああん これってモーションかけられてる!? 編集長にお持ち帰りされちゃうかも〜

YG:(無視して)ギター・ソロは事前に考えているんですか?
まい:お恥ずかしいんですけど、私、実はまったく音楽的な知識がなくて。正直スケールとかコードとかもよく分かってないんです…。なので頭の中に流れているメロディーを実際に口で歌ってみて、それをギターの音に転換するっていう作り方をしていて。でも、歌ってみたものをいざギターに置き換えてみたら、全然弾けないってこともよくあります(笑)。
かおり:な〜るほどザワールド秋の祭典SP! 凄く口ずさめる、歌えるギター・ソロだなと思っていたけど、そういうことだったのね〜!

YG:かおりさんがギター・ソロに関して何か意見を言ったりすることはありますか?
かおり:いえ、そこはまいの専門分野というか一番本領を発揮するところだと思っているので、信頼して完全に任せています。

YG:ギター・ソロのレコーディングに立ち会ったりは?
かおり:それはあります。ロンモチであります めちゃめちゃ録り直してたよね?(笑)
まい:んもう、何回戦!?ってくらい出しましたね(笑)。

YG:それは単純なミスなのか、それともまいさんの気持ち的に納得がイカなくてやり直したのか…?
まい:ここだけの話、ミスが大半です…ボソボソ(笑)。でも、自分でキモチ的に「今のは出し切れた!」って納得できるのであれば、私は無駄な音が挿っててもいいと思ってます。綺麗すぎない粗悪な部分がないと、私はロックだと言えないと思っているので。そういう意識で録り直した部分も結構ありましたね。今までリフ中心のバンドばかりやってきたので、ベッド・インをやるまでこういうソロらしいソロを経験したことがない“ギター・ソロ・ヴァージン”だったんですよ…
かおり:それが今では立派なヤリマン…おサセになったってわけね

YG:ギター・ソロでまいさんが心掛けているポイントって何かありますか?
まい:ん〜、なんでしょう。ソロ自体が印象的なメロディーでありつつ、曲との統一感もある…みたいなところですかね?
かおり:あとはギター・ソロに限らずなんですけど、ウチらはナニより“おナマ”がDA〜ISUKI!なので、ライヴでプレイすることを前提に曲を考えることも多いですね。
まい:そうそう、ウチらはやっぱり“ナマ”が好きなので、おギグで気持ち良くなれることが一番大事MAN!!

YG:個人的に、アルバムの中では「♂×♀×ポーカーゲーム」や「太陽を信じて…」のソロが“気持ちいい”と感じました。
まい:「♂×♀×ポーカーゲーム」のソロは私が恥めて弾いたソロなんですよ
かおり:イヤァ〜ン、これぞヴァージン…鋼鉄の処女作だわ!

YG:確かに、そういう初々しさが出ているかもしれませんね…(笑)。
まい:編集長にはすべて見透かされてるのかも…セキメ〜ン////