毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

HELL IN A HANDBASKET/MEAT LOAF

デビューから35年、一貫してメロディックな楽曲とシアトリカルな歌世界、ドラマティックなサウンドでファンタジックなロック・オペラを作り続けてきたベテランの通算12枚目。本作は現代社会に生きる人々の葛藤や希望をテーマに、自ら…

STRANGERS/HILLS HAVE EYES

ポルトガル出身のスクリーモ/メタルコア・バンドによる2ndフルにして日本デビュー盤。めいっぱいのハイピッチ・スクリームとグロウル、クリーン・ヴォイスで構築される歌唱を、疾走あり、青臭メロディーあり、ブレイクダウンありの構…

VARIATION/ENIGMATIC DRIVE

六角屋雄介(sax, vo)、國田大輔(g)によるフュージョン・ユニット:ENIGMATIC DRIVEの2ndアルバムは、王道フュージョンからフェイク・ジャズ、ヒップホップ風とヴァリエーション豊かなサウンドを聴かせてい…

NOCTOURNIQUET/THE MARS VOLTA

情熱と叙情のラテン系リズム&メロディーを核に、先鋭的な現代音楽も貪るモダン・プログレの雄による6作目。先鋭度は過去最高で、エレクトロニカ由来のアプローチが多々…、特にリズム面で相当な冒険が試みられているが、曲の冗長さに起…

TABOU〜JAPAN EDITION/MUSTANG

’10年のフジ・ロックで神出鬼没のステージを披露し、一気に名を広めた仏産のトリオが2ndをリリース。フロントマンのリーゼント・スタイルや豪奢なグレッチの印象が強く、見た目はストレイ・キャッツの如き現代版ロカビ…

BAG OF BONES/EUROPE

’04年の再結成から既に8年もの歳月が経過。重心低くレイドバックした’70年代風ダイナミクスの中に北欧の薄暮を思わせる淡い哀感を混ぜ込んでゆく、復活作となった5th以降の作品に共通するスタイルは、…

RELAPSE/MINISTRY

2年前に潰瘍の破裂で死にかけたというアル・ジュールゲンセン(vo, g etc.)が、解散から4年後の今年、突如復活アルバムを発表。一聴して驚くのは全盛期と何も変わらない凶暴なインダストリアル・メタル全開の爆裂サウンドを…

ROOTS 53/electro 53

元T-BOLANの五味孝氏と元ロッカベイビーズの恩賀周平によるユニットのデビュー作。五味がギター、恩賀がリズム・トラック・アレンジメントを担当した本作は、ロック、エレクトロニカ、ヒップホップなど様々なスタイルがミックスさ…

MITCH MALLOY Ⅱ/MITCH MALLOY

一時はヴァン・ヘイレンへの加入も噂された、アメリカはノース・ダコタ出身のシンガー/ソングライター。本作が’92年リリースの1stアルバムを意識したものであるのは、タイトルからも明らか。当時よりもハードかつアグ…

POSSESSION/CHRISTIAN MISTRESS

米ワシントン州オリンピア出身のヘヴィ・メタル・バンドの2nd。NWOBHMの影響を強く匂わせるアンダーグラウンドなクラシック・メタルからは、このご時世に敢えて2インチのテープでアナログ・レコーディングしたという徹底したこ…

VITRIOL/EVENOIRE

女性シンガーを擁するイタリア産シンフォニック・メタル・バンドが、同国の名門“Scarlet Records”よりリリースしたデビュー・フル・アルバム。’08年にセルフ・リリースした1st EP『I WILL …

12012/12012

’03年に結成されたバンドの、メンバー脱退を経て4人組となった現ラインナップでは初となるアルバム。そのつど自身が思い描く音像を形にしてきたバンドだが、今回はメロディー・センスなどは基本的な踏襲しつつも、ヘヴィ…

1 / 4 ページ1234