毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

NAM20192日目レポート

[2日目]弓もついてくるジミー・ペイジのテレキャス、“Abasi”ギターを試奏するミーシャ・マンソー etc.

Gretsch グレッチ

グレッチのカスタム・ショップ設立15周年の記念モデル。トランス・ルビー・レッドが美しい“G6134 Custom '59 Penguin 15th Anniversary”、メタリックなパーツがバイク彷彿の“G6128 Custom Shop '59 Bonneville Duo Jet”、ローズ・バック/ジリコテ・トップの“G6134 Custom '59 Penguin”。

Hamer ヘイマー

メタル・ファンならグレン・ティプトンの愛用でおなじみ、ヘイマー。ニュー・モデル“Special Jr.”は、同社“Sunburst”からバインディングとアーチド・トップの仕様を除いたシンプルなモデル。ボディーとネックにマホガニー、指板にエボニーを採用。

Heritage Guitars ヘリテイジ・ギターズ

かつてギブソンが製作の拠点を置いていたミシガン州カラマズーの工場をかつてのスタッフが機械と共に買い取り、運営を始めたことで知られるヘリテイジ・ギターズ。現在もその職人技を活かした新たなギターをハンドクラフトで丁寧に作り続けている。

Ibanez アイバニーズ

アイバニーズのエンドース契約30周年を迎えたポール・ギルバートが、スペシャル・モデル“PGM333”を発表。ディマジオ“PG-13”ミニハム搭載の“Fireman FRM200”、22.2インチのネック・スケールを持つ“PGMM21”も同時リリース。

アイバニーズ“AZ”シリーズからのシグネチュアが続々。エンドース20周年を迎えたアンディ・ティモンズの“ATZ100”、マルコ・スフォーリ“MSM100”、ポリフィアのティム・ヘンソン“THHB10”、スコット・ルペイジ“SLM10”、CHONのエリック・ハンセル“EH10”、マリオ・カマレナ“MAR10”。

まだまだ新たなアーティスト・モデルが! スティーヴ・ヴァイのエボニー指板“JEM7VP”、ルーク・ホスキン(プロテスト・ザ・ヒーロー)の初シグネチュア“LHM1”、ジェイク・ボーウェン(ペリフェリー)のホワイト・フィニッシュ“JBM10FX”。

Jackson ジャクソン

"ジャクソンの新シグネチュア3種。同ブランドから初となるジェフ・ルーミズ(アーチ・エネミー、ネヴァーモア)のモデルは“Kelly”が基になったUSA製。6666.66ドル! “X”シリーズのスコット・イアン“King V”とランディ・ローズ“RR”は指板にローレル(月桂樹、ローリエ)を採用

Martin マーティン

マーティン"Modern Deluxe"シリーズの"D-28"。VTS(Vintage Tone System)技術を活かしたトップ板、チタン製トラスロッドの採用などが特徴だ。"D-28 Bigsby"はトラヴィス・ピッキングという名称の由来にもなったマール・トラヴィスのシグネチュアで、ビグスビーのヘッドがポイント。

Mayones メイワンズ

ポーランドのメーカー:メイワンズの新しい“Duvell”や“Hydra”。マルチ・スケール仕様やワンオフもののトップ材、フィッシュマン“Fluence”ピックアップなど、モダン・プレイヤーのスタンダードが反映されたスペックだ。

Musicman ミュージックマン

ミュージックマンのジョン・ペトルーシ“Majesty”の2019エディション! すべてディマジオのP.U.“Dreamcatcher”(ブリッジ)と“Rainmaker”(ネック)を搭載。トップに2ピースのフレイム・メイプル、バックにアルダーの限定モデル“Tiger Eye”も(1枚目左側。欠けていて恐縮)。

"ジェイソン・リチャードソンのシグネチュア・モデルも発表…凄まじい木目!!
ご本人にも挨拶できました。

Toru Nittono Guitars Toru Nittono Guitars

世界中のギタリストから信頼を集めているToru Nittono Guitarsのブランド創設者及びルシアー、入戸野 徹氏に新モデルを紹介していただきました!

Vigier ヴィジェ

同じ赤白(あと、黒)でも、まぜるとこんなに奇抜になっちゃいます…。ヴィジェのロン“バンブルフット”サールのシグネチュア・ダブル・ネック“DoubleBFoot”のニュー・ルック。向かって上側は、指板材がステンレス・スティールで出来たフレットレス!

Paoletti Guitars パオレッティ・ギターズ

約150年前のワイン樽を活用してギターを作るイタリアのパオレッティから、トップにレザーを貼った“Leather”シリーズがラインナップ。アンプ“Paoletti Brutale”、4弦ギター・ボックスなど、目を楽しませてくれるモデルがいっぱい!

Reverend Guitars リヴァランド・ギターズ

Reverend Guitarsにて、中央で光り輝くのがリック・ヴィトー(フリートウッド・マック他)のシグネチュア。マザー・オブ・パール・トップに黒白チェッカー・バインディングが芸術的! 下段右のTLシェイプ“Trickshot”は、コリーナ・ボディーにローステッド・メイプル・ネックが肝。

Takamine タカミネ

タカミネの新製品、ニューヨーカー・サイズの“CP3NY ML”とショート・スケールを使用したシンラインシリーズの“TSP138C N”。

Taylor テイラー

テイラーからのビッグ・ニュースは、ドレッドノートを元により丸みを帯びた新たなボディー・シェイプ“Grand Pacific”の登場だ。ヴォリュームとサステインのコントロールを大幅に改善した“V Class”ブレーシングも採用。購入時には専用のレザー・ケースが付属する。

Tyler Guitars タイラー・ギターズ

強烈な存在感! ジェイムズ・タイラーのブランドを象徴する“バーニング・ウォーター”フィニッシュを施した“Studio Elite HD-P”と、ネックにまでかかる模様がユニークな“Barn Find”(山小屋で見つけた掘り出し物、といった意味)フィニッシュの“Studio Elite”。

Traveler Guitars トラベラー・ギターズ

持ち運び簡単、どこでも手軽に練習できることで人気のトラベラー・ギターズに、"柔軟"で"情熱的"なギター・スタイルを彷彿させる"Vaibrant"シリーズが!ロック式トレモロを搭載。

Washburn ワッシュバーン

ワッシュバーンのヌーノ・ベッテンコート新シグネチュア、その名も“4N”……!?
カスタム・ショップが長年の愛器“N4”を精密に計測した上で製作され、ボディーやネックなどのスペックに大きな変更はないようだ。
ヌーノらしいネーミングだけど、ちょっと紛らわしいかも⁉

続いて、アコースティック・ギター3種類。“Apprentice G-Mini”シリーズのマット・ブラック仕様、指板とブリッジにローレルを使った“Heritage Elite”、モデル名がすなわちフィニッシュの名前にもなっている、パーラー・サイズの“Royal Saffire”✨。