毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

シークレット・スフィア&トリック・オア・トリート  2016来日インタビュー

シークレット・スフィア&トリック・オア・トリート  2016来日インタビュー
インタビュー●奥村裕司 Yuzi Okumura 写真●Takumi Nakajima

ギター・ソロというのはその人の個性が大きく出るセクションだ

tot-05

YG:では、機材の確認を。日本にはどんなギターを持ってきましたか? 
GB:俺はフェンダーのストラトキャスターだ。
LV:俺はフェンダーのテレキャスター。“American Standard”のモデルで、ハムバッカーを搭載している。
GB:セイモア・ダンカン“JB-4”だね。俺達は同じピックアップを使っているんだ。

YG:2人とも、パワー・メタルをやるにはちょっとオールドスクールなギターを使っていますね?
GB:そうかもな。でも、イングヴェイだってストラトで速弾きしているだろ?(笑) 俺はずっとシャーベルを弾いていて、ジャクソンやEVHなどにも手を出しつつ、似たようなギターをずっと弾いてきた。そして、フェンダーに行き着いたんだ。俺の欲しい音をすべて出してくれるモデルだよ。クリーンは最高に素晴らしいし、ハムバッカーを使ったダーティなサウンドもラウドにスクリームしてくれる。これを使わない手はないよね!
LV:俺がテレキャスターを使い始めたのは──リッチー・コッツェンのファンだからさ(笑)。それに、ハード・ロックやブルースが好きだからというのもある。いや、その手のジャンルは言うまでもなく、テレキャスターってパワー・メタルやヘヴィ・メタルにもピッタリな音を出してくれるんだよ。

YG:確かにルカは、ブルージーなプレイを得意としていますね? パワー・メタルにブルージーなギターなんて──実のところ、ミスマッチのようでなかなか面白いと思いました。
LV:その時、心に感じたモノを弾いているんだ。ギター・ソロというのは、その人の個性が大きく出るセクションだからね。

YG:チューニングはどうなっていますか? 
GB:スタンダードだよ。最新作と前作にはドロップDの曲もあるけど、2〜3曲だけだよ。スタンダード・チューニングが好きなんだ。アレの声にも、このチューニングがピッタリだ。

YG:今回の日本公演でドロップDの曲はやりましたか?
GB:やっていないよ。でも、チューニングの都合じゃなくて、単にたまたまドロップDの曲を選ばなかっただけだ。

YG:アンプは何を使いましたか?
GB:ピーヴィー“5150”の最初のヴァージョンだよ。EVHの“5150”によく似ている。一番のお気に入りさ。
LV:俺はイタリアではValvolareのカスタム・アンプを使っているけど、昨日は(日本側で用意した)ピーヴィー“6505”を使った。あと、地元ではマーシャルの“JCM”も使っているよ。
GB:ブルージーなヤツだよね?(笑)

YG:Valvolareはイタリアのメーカーですか?
LV:新しいブランドで、友人のエンジニアが2人で立ち上げたんだ。ヘッドはソルダーノの“SLO”に似ているよ。
GB:彼等はこちらのリクエストに真剣に耳を傾けてくれるから、俺もこのブランドにとても興味が湧いたんだ。来年('17年)にはValvolareのユーザーになろうかなと思っている。メーカーの人達もみんな良くしてくれるし。
LV:それに、最高の音が出せるからね!
GB:マーシャルやソルダーノに近いサウンドをリクエストしたんだよな? 良い選択だよ。異なるサウンドを上手くミックスさせられたみたいだし。今は小さな会社だけど、そのうち有名になるかもしれない。俺達が住んでいるところから近い会社だというのもイイ。コラボレートし易いだろ?
LV:俺のアンプには、ToTのロゴと、俺のイニシャル“LV”が入っている。シグネチュア・モデルさ! 

YG:ペダルは何か持ってこられましたか? 
GB:ああ、ちょっとだけね。ライヴで巨大なペダルボードを使うことはない。俺はTCエレクトロニックの“Flashback Delay”と“Hall Of Fame Mini Reverb”をリード用のチャンネルに使っている。あとは、TCの“Spark Booster”。それでおしまいさ。リズム・チャンネルはアンプ直の音をそのまま使っていて、リード用チャンネルをオンにすると、すべてのエフェクターがオンになるようセッティングしてあるんだ。
LV:俺が持ってきたのは、アイバニーズ“TS-9 Tube Screamer”とTCエレクトロニック“Hall Of Fame Mini Reverb”だけだね。あとは、TCのチューナーぐらいかな。

YG:では最後に、今後の予定を教えてください。
GB:イタリアに戻ったら、ショウを2〜3回やる予定だ。あと来年('17年)3〜4月に、シークレット・スフィアとDGMと一緒にヨーロッパ全土を廻るツアーがある。凄く楽しみだよ。シークレット・スフィアやDGMとは、とても良い関係が築けていて、一緒に情熱を共有出来る仲なんだ。ツアーなんて、友人同士で一緒にヴァケーションに出るようなモノさ(笑)。

YG:イタリアのバンドはみんな仲が良いですね?
GB:そうだね。モデナ周辺は特にね!
LV:俺はMAD MAZEというスラッシュ・メタル・バンドでもプレイしているんだけど、そこのドラマー(ミルコ・ヴィルディス)は元ToTなんだ。
GB:そう。みんな友達なんだよな!!(笑)

tot-06