ギブソン、エピフォン、クレイマー[DAY 0:ギター1]

ギブソン、エピフォン、クレイマー[DAY 0:ギター1]

YG取材班は、NAMM開幕の前日に会場入り。この日既に公開されていた、幾つかのブースを早速見て回った。

Gibson ギブソン

ギブソンの“映え”オブジェは、リアルフォトモザイク!?の巨大レスポール!

ギブソンから発表されたスラッシュの最新モデル群”SLASH CORE SERIES”から、レスポール4本とアコースティックが2本!レスポールは、P.U.にSlashbuckerを搭載。 “Appetite Burst”ほか、計4種類のフィニッシュがラインナップ。

アコースティック“Slash J-45”は指板Rが16インチにカスタマイズされ、”November Burst””Vermillion Burst”の2種類で展開!

“Original Collection”の”Les Paul Junior”と、“Modern Collection”の”Les Paul Special Tribute Humbuckers”。ブラックのフィニッシュが精悍なルックス!

同じく”Original Collection”から、”SG Standard ’61 Stop Bar”とそのレフティ。ヴィブラート付きは”SG Standard ’61 Sideways Vibrola”(2枚目)。3枚目はスパークル・バーガンディやペルハム・ブルーの”SG Special”とヴィンテージ・チェリーの”SG Junior”。

’70年代を彷彿させる、ホワイト・フィニッシュの“70s Explorer”と”70s Flying V”。懐かしのヘッド形状やバインディング加工されたネックに注目!

こちらはギブソン・カスタム。新たに立ち上げられた”Custom Shop Historic”シリーズから、1930年代頃のモデルを基にした情緒あるアコースティックだ。
1枚目:1934 Jumbo(リイシュー)
2枚目(手前から順に):
1936 Advanced Jumbo
Pre-War SJ-200 Rosewood
1939 J-55
引き続き”Custom Shop Historic”から、’50〜’60年代のスペックを継承したモデル。
1枚目は”1960 Hummingbird”で、右はサドル調節可能。左はフィックスド・ブリッジを採用。
2枚目は”1957 SJ-200″で、右から”Vintage Sunburst”” Antique Natural”。
“Original Collection”と”Modern”の2ラインナップ体制が、アコースティックにも反映された模様。”Original〜”と書かれてあったこちらは’50年代の”J-45″を彷彿させる。
写真中央:50s J-45 Original Ebony
右端:50S J-45 Original Vintage Sunburst
[ギブソン]”Modern”ラインナップのニュー・モデル。
1枚目右端:SJ-200 Standard Maple Antique Natural
2枚目中央:SJ-200 Standard Maple Vintage Sunburst
3枚目右端:J-45 Standard
3枚目中央:Hummingbird Standard

Epiphone エピフォン

“Texan””Casino”といったエピフォンを代表するモデルのアメリカ国内で製造されるラインナップが展示されていた。
“Masterbilt”シリーズの“Texan”。

カラフルなフィニッシュのSGが取り揃えられた、”Muse Collection”。女性やビギナーにも手に取りやすいキャッチーな印象だ。レスポール・モデルもラインナップ。

Kramer クレイマー

クレイマーの、’80s魂溢れる”Baretta”シリーズ! デイヴ”スネイク”セイボのシグネチュア”Baretta”やトレイシー・ガンズの”Gunstar Voyager”もお披露目。